OnePlus 9・9 Pro発表。ハッセルブラッドと提携したカメラでシリーズ最高評価となるか

OnePlus 9 Pro

OnePlus 9シリーズが正式発表されました。


OnePlusの弱点がついに改善へ?

これまでのOnePlusスマートフォンでは他社ハイエンド製品に比べてカメラ性能の評価が低めでしたが、OnePlus 9シリーズではついに他社に勝るとも劣らない写真を撮影できるようになるかもしれません。

他社がZEISSやLeicaとコラボする中OnePlusが選んだのは「Hasselblad」。月面写真や月から見た地球の写真など歴史に残る写真を撮影してきたカメラのメーカーです。

OnePlus公式サイト

AliExpress

伊Amazon

OnePlus 9OnePlus 9 ProではHasselblad譲りのHasselblad Natural Colour Optimizerにより、従来よりも自然な色の写真を撮影できるそうです。

センサーはSONY IMX789 + IMX766 (超広角)とOPPO系列の中でも最高峰の組み合わせで、OPPOのお下がりしか使わなかった今までのシリーズとはカメラに対する本気度が違うことがうかがえます。

4K@120fps撮影ができ、超広角での歪み補正も従来より改善されているようです。

IMX789

OnePlus 9 Proには5.7インチ・3216×1440解像度・120HzリフレッシュレートのLTPO AMOLEDディスプレイが採用されており、より柔軟なリフレッシュレート変更ができパネル自体の消費電力を抑えられます。

なんと常時オンディスプレイで秒針を表示しても消費電力に大きな影響がないのだとか…。

最大輝度も改善されており、業界トップであるGalaxyシリーズに近づいています。

OnePlus 8 Proではエッジのカーブがきつすぎましたが、9 Proでは緩やかに改善されています。この調子で最上位モデルもフラットにしてもらいたいものです。

OnePlus 9はフラットディスプレイですがLTPOは非採用です。

OnePlus 9は他にも望遠カメラなし、15W無線充電のみ対応、OISなしなど削られている部分が多く、8万円のスマホにしては見劣りしてしまいます。

なお中国版のOnePlus 9では15W無線充電までもが削られています。

Snapdragon 888・LPDDR5・UFS 3.1と最高レベルの性能を持っています。

OnePlus 9 Pro

ワイヤレス充電にも対応しており、OnePlus 9 Proはなんと50W充電で4,500mAhバッテリーを100%まで43分で充電できます。

有線だと65W充電対応で、なんと100%までたったの29分で完了します。

OnePlus 8 Proのワイヤレス充電器はケーブルが取り外せない仕様でしたが、今回は外せます。また、横置きにも対応しています。

ワイヤレス充電

グローバルでは発売されませんが、インド向けにはOnePlus 9RもリリースされることがAmazonにより明らかになっています。

120Hzリフレッシュレートのフラットディスプレイを搭載しており、Snapdragon 870を採用しています。

48MPクアッドカメラに65W急速充電対応など、Snapdragon 870であること以外はほぼOnePlus 8Tです。

京東で購入

OnePlus 9R

OnePlus 9 Proはアメリカでは12GBメモリ版が$1069~で販売されます。

イタリアAmazonではブラックも販売されており、日本に直送できる上に購入時にはヨーロッパの税金(VAT)が抜かれるため、送料を入れても842.97EUR (約10.8万円) で購入できます。

輸入消費税がデポジットとして含まれるため別途代引きで払うなどする必要が無く、取り過ぎた分は後で返金してくれます。

Chromeで翻訳させ、まずアメリカAmazonでアカウントを作って住所などを設定してからイタリアAmazonで買うようにすればスムーズです。

 

OnePlus 9シリーズを実際に触るのが楽しみです。

OnePlus公式サイト

AliExpress

伊Amazon

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。