OPPO A77を日本投入か。CPH2385が技適通過、5000mAhバッテリー + 33W充電

OPPO A77を日本投入か。CPH2385が技適通過、5000mAhバッテリー + 33W充電

OPPO A77とみられるCPH2385が技適を通過しました。


5000mAhバッテリー搭載

OPPO CPH2385が番号018-220207として技適を通過しました。

CPH2385

まだOPPOが正式に発表していないためどの機種かは不明ですが、FCCなどの情報と組み合わせると『OPPO A77』(OPPO A57s派生)である可能性があります。

なお、2017年にも『OPPO A77』が発売されていますがそれとはまた別の機種です。2022年リリース機種はOPPO A77 (4G版) とOPPO A77 5Gの2つがあり、今回リリースされるのは4GのほうのOPPO A77です。

海外ではOPPO F21 Pro 5Gではないかとも言われていますが、サイズやバッテリー容量が異なっています。

A57

認証情報によれば5000mAhバッテリーを搭載しており、33W急速充電に対応しています。

ColorOS 12.1を搭載し、サイズは163.74×75.03×7.99mmとのことです。

OPPO A77そのままだとすると重さは187gと、大容量バッテリーの割には軽めです。

5000mAh

OPPO A77はMediaTek Helio G35を搭載しており、Snapdragon 695搭載のOPPO Reno7 Aを下回る程度の性能です。

OPPO Reno7 Aレビュー。IP68防水防塵で約175gの軽量ボディ、指紋で背面が汚れず快適に使えるスマホ – AndroPlus
OPPO Reno7 A ドリームブルーを貸し出していただきました。 防水防塵、おサイフケータイ対応で軽量175g OPPO Reno7 Aはシステム劣化を抑えることでサクサクな操作感が36ヶ月続くとされているスマートフォンです。 約175gと軽量ながらも、IP68…
OPPO Reno7 Aレビュー。IP68防水防塵で約175gの軽量ボディ、指紋で背面が汚れず快適に使えるスマホ - AndroPlus

前モデルOPPO A55s 5Gは大画面と軽量を両立し、FeliCa・おサイフケータイこそ搭載していないものの防水防塵に対応しておりお手頃価格だったため、格安なスマホが欲しい人からは人気でした。

歴史的な円安の中、OPPO A77は果たしてどの程度の価格で投入されるのでしょうか。

正式な発表に期待です。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。