OPPO Padレビュー。Snapdragon 870搭載11インチタブレット、最高画質の原神を平均53fpsで遊べる

背面

評価: 4

OPPO初のハイエンドタブレット、OPPO Padを購入しました。


背面デザインが特徴的

OPPO PadはSnapdragon 870、UFS 3.1ストレージを搭載したAndroidタブレットです。

比較的ハイエンドな性能を持つSoCに加え、27413 mm²もの放熱プレートを搭載しているため発熱による性能低下が抑えられています。

背面にOとPがちりばめられた独特なデザインをしています。

このレビューはOPD2101_11_A.08バージョン、6GB+128GB版で行っています。

  • 11インチ 2K、120Hzリフレッシュレート対応
  • Snapdragon 870搭載
  • クアッドスピーカー
  • 8360mAhバッテリー
  • スタイラスペン対応
  • 指紋が付きにくい背面
  • Widevine L3でHD画質ストリーミング不可
  • 指紋認証センサーなし
  • LCDディスプレイ
  • microSDカード非対応
  • GPS非対応
OPPO Pad OPD2101
OS Android 11
RAM 6GB/8GB LPDDR4X
ストレージ 128GB/256GB UFS 3.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 870
ディスプレイ 11インチ 2560 × 1600(WQXGA) 120Hz LCD
サイズ 252.2 x 163.8 x 6.99mm (紫色は7.05mm)
重さ 507g (紫色は510g)
SIM
メインカメラ 13MP (Hynix hi1336)
フロントカメラ 8MP (Hynix hi846)
バッテリー 8360mAh
USB端子 USB Type-C (USB2.0)

箱

付属品はUSB Type-A to Cケーブル、充電器、説明書、保証書です。

付属品

WQXGA解像度の11インチディスプレイ

OPPO Padは11インチLTPS LCDディスプレイを搭載しており、解像度は2560 × 1600(WQXGA)で275 PPIです。

タッチサンプリングレートは120Hzで、リフレッシュレートも120Hzとなっています。

ディスプレイ

ミヤビックスさんに保護フィルムを作成していただきました。

フラットなので端までカバーでき、アンチグレアのOverLay Plusだとさらさらとした指滑りで指紋も残りにくく、快適に使えます。

有機ELディスプレイの他社タブレットと比べると鮮やかさは落ちますが、十分綺麗なディスプレイです。

視野角も特に問題ありません。

LCD

設定では周囲の環境に合わせて色温度を変えるネイチャートーンディスプレイやブルーライトカットできるアイコンフォートなどをオンにできます。

また、自分で色温度を寒色寄り・暖色寄りにも変更できます。

ディスプレイ

残念ながらWidevine L3なのでHD画質でのストリーミング再生はできません。

DRM

指紋が付かない背面

OPPO Padの背面は上側にOとPがあしらわれており、ざらっとした見た目で指紋が付かないよう加工されています。

光の反射具合で青っぽく見えることもあります。

背面

重さはフィルム込みで514.1gでした。

重さ

13MPカメラが付いています。

最小限の出っ張りなので机に置いたときのガタつきは少ないです。

厚み6.99mmと、他社タブレットGalaxy Tab S8+Lenovo XiaoXin Pad Pro 2021の5mm台を大きく超えるなかなかの厚みなので、せっかくならフラットにして欲しかったです。

カメラ

フォーカスが合いにくく妙に白っぽくなることがあり、メモ程度にしか役に立ちません。

画質

指紋認証なしで顔認証のみ

OPPO Padの電源ボタンは音量ボタンから離れた、左側面に配置されています。

ボタン

OPPO Padには指紋認証センサーが搭載されておらず、普通の電源ボタンです。

顔認証はできます。

ロック解除

Dolby Atmos対応クアッドスピーカー

左右の側面にスピーカーがあります。

右側面にはUSB Type-Cポートもあり、8360mAhバッテリーを33W急速充電できます。

スピーカー

低音・高音が比較的バランスの良い出方をしているものの、高音は若干埋もれてしまいやすいように感じました。

吸音マットで囲んで約30cm離れたところからminiDSP UMIK-1で計測した周波数特性は以下の通りです。

周波数特性

Dolby Atmosはスピーカーではオフにできないようになっています。

Dolby Atmos

最高画質の原神を平均53fpsでプレイできる性能

OPPO PadはSnapdragon 870搭載機種の中では比較的高めの性能を発揮できており、Geekbench 5ではシングルコア999、マルチコア3040でした。

シングルコア

3DMark Wild Life Stress Testではスコア4189で、温度上昇は22℃→29℃ (7℃上昇)、16~31FPSでした。

27413 mm²の放熱プレートのおかげで温度上昇がかなり抑えられています。

3DMark

PCMark Work 3.0ではスコア12960でした。

PCMark

ストレージはUFS 3.1でそこそこの速さです。

メモリはLPDDR4Xなので、LPDDR5と比べると遅いですが仕方がありません。

ストレージ

ゲームモードでUltra-steady framesを有効にして原神を最高画質・60FPS設定で動かしてWeTest PerfDogで計測すると、平均53.2FPSでした。

一瞬画面が止まったように見える「ジャンク」が17.9と少し多めなのが気になりましたが、Snapdragon 870搭載機種としては良い結果です。

バッテリー温度は最大でも30℃程度までしか上昇せず、快適にプレイできました。

原神

日本語対応のOS

OPPO Padは中国でしか発売されていないものの、日本語に最初から対応しており日本語フォントも問題なく、ほぼグローバル版と同じように使えます。

Playストアは別途APKMirrorなどで探してきてインストールしないといけないですが、Playプロテクト認定済みでNetflixなどもインストールできます。

ColorOSの特徴であるアニメーションのおかげもあり、ゲームだけでなくUI面でもスムーズな動作だと感じました。

Playストア

テーマストアはプリインストールされていないもののグローバル版のテーマストアをインストールしてしまえば使えました。

タブレットのことを想定しておらず開発が間に合わなかったようで、テーマストアのレイアウトは崩れておりMejiroだと文字の表示がおかしくなりました。

McMejiroだと特に問題なく表示できます。

Roboto & M+の合成フォントMejiroをリリース。MagiskモジュールやXiaomi/OPPOテーマストアで配布中 – AndroPlus
主にAndroid向けに合成フォントを作ってみました。 Robotoは残しつつ日本語表示を変えたい人向け root化したAndroid端末向けにシステムフォントをKoruriに変更するMagiskモジュールをすでに公開しています。 ただ、KoruriはOpen SansとM+…
Roboto & M+の合成フォントMejiroをリリース。MagiskモジュールやXiaomi/OPPOテーマストアで配布中 - AndroPlus

OPPO Find Nのように画面中央を二本指でスワイプすると画面分割でき、好きなサイズに調整できます。

全画面表示ではアスペクト比を16:9・4:3に変更することもできます。

画面分割

RAMの拡張機能もあります。

メモリ拡張

まとめ

  • 11インチ 2K、120Hzリフレッシュレート対応
  • Snapdragon 870搭載
  • クアッドスピーカー
  • 8360mAhバッテリー
  • スタイラスペン対応
  • 指紋が付きにくい背面
  • Widevine L3でHD画質ストリーミング不可
  • 指紋認証センサーなし
  • LCDディスプレイ
  • microSDカード非対応
  • GPS非対応

初のハイエンドタブレットとしては必要十分なスペックを備えており、日本語対応もバッチリですし使いやすいです。

ただ、他社と比べると後発なのに同価格帯のXiaomi Pad 5 Proに劣る部分が結構あり、GPS非対応、指紋認証センサーなしなどコストカットが目立ちます。

屋外で持ち運んで使うことが少ない人には良いと思います。

OPPO Padは2299CNY (約4.3万円~)で購入できます。

京東で購入する

GIZTOPで購入する

京東 JD .comで中華スマホを購入する方法。新製品はメーカー直販が最安、日本配送も可能 – AndroPlus
京東商城・京东 (JD.COM・ジンドン) での買い方・使い方を軽く紹介します。 最新中華スマホを定価で買える 中国のスマートフォンはかなりコスパが良いものの、国内展開していない製品は海外から輸入するほかなく、正規販売店がAliExpressなどにない場合は転売屋から買うことになってしまいます。…
京東 JD .comで中華スマホを購入する方法。新製品はメーカー直販が最安、日本配送も可能 - AndroPlus

Lenovo Legion Tab Y700レビュー。待望のハイエンド8.8インチタブレット、原神を平均57fpsで遊べる – AndroPlus
Lenovo Legion Tab Y700を購入しました。 8.8インチ画面に3.5mmイヤホンジャックやmicroSDカードも 2021年以降ハイエンドなAndroidタブレットが各社から続々と登場していますが、どれもこれも10インチ以上のものばかりでした。 Lenovo Legion Tab…
Lenovo Legion Tab Y700レビュー。待望のハイエンド8.8インチタブレット、原神を平均57fpsで遊べる - AndroPlus

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。