Blackview Oscal Pad 13レビュー。約2.3万円でタッチペン付きの10.1インチタブレット

Oscal Pad 13

Blackview Oscal Pad 13を貸し出していただきました。

タッチペンやケース付きの格安タブレット

Oscal Pad 13はUnisoc T606を搭載した格安タブレットです。

2万円台と安価なため、「性能は求めないから気軽に扱える動画用タブレットが欲しい」という方に向いています。

Oscal Pad 13

充電器とUSB Type-Cケーブル、タッチペンが付属しています。

レビュー機ではEUタイプでしたが、日本向けには日本プラグの充電器を付けてくれるそうです。

付属品

タッチペンはフタがマグネットでくっつくようになっています。

ディスクが付いているタイプのペンです。

タッチペン

また、保護ケースや保護ガラスまで付いてきます。

格安なのに別途アクセサリー類を購入しなくて済むのは良いですね。

ケース

10.1インチのディスプレイ

Oscal Pad 13は1920 x 1200解像度の10.1インチディスプレイを搭載しています。

60Hzリフレッシュレートで、IPSディスプレイのため視野角や発色は十分良いです。

Oscal Pad 13

明るさの自動調整はありません。

輝度をLX-1336Bで計測すると、最大327nitsに達しました。

屋内で使うには十分な明るさです。

明るさ

WALT Latency Timerで計測したタッチ遅延は合計69.7msでした。

タッチ遅延

メタリックで指紋が付きにくい背面

Oscal Pad 13の背面はメタリックで、触ると少しひんやりとします。

指紋は残りにくいため、綺麗な状態のままで使えます。

背面

重さは436.1gでした。

金属製なだけあって少し重ためです。

重さ

ステレオスピーカーだが音質は価格相応

Oscal Pad 13は左右対称のステレオスピーカー搭載です。

低音はスカスカとしており、高音はそこそこクリアに聞こえますが、全体的にこもったように聞こえます。

音量は十分なので、音質を求めない方には十分でしょう。

スピーカー

イヤホンジャックもあります。

遅延は180ms以上あり、計測不能でした。

7680mAh容量のバッテリーを搭載しており、USB Type-C充電ができます。USB Type-C to Cケーブルでも充電できました。

イヤホンジャック

nano SIMカードとmicroSDカードを挿入できます。

対応バンドは

  • FDD:B1/B3/B7/B8/B20 TDD:B40
  • WCDMA:B1/B8
  • GSM: 850/900/1800/1900

とかなり限られているため、Y! mobileSoftBankLINEMOといったSoftBank系の回線でしかほぼ使えません。

SIM

最低限の性能で普段使いには十分

Oscal Pad 13はUnisoc T606を搭載しています。

ドキュメント操作など普段使いでのパフォーマンスを計測するPCMark Work 3.0ではスコア6454でした。

快適に使える最低ラインが6,000~7,000ほどなので本当に最低限度の性能で、実際の動作的にも多少遅い場面はあるもののモッサリとした感じはなく、スムーズに操作できました。

PCMark

PCモードも搭載しており、マルチウインドウ操作もできます。

縦は下の画像のサイズが最小値ですが横のサイズは自由に変更できます。

PCモード

 

Oscal Pad 13は2023/04/17より$159.99で発売記念セールが開催されます。

AliExpressで購入する

Amazonでは2023/04/25現在33,800円で、8,000円オフクーポンとクーポンコードDQ7Y5RFOにて23,096円で購入できます。

Amazonで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。