Xiaomi POCO M4 Pro、Redmi Note 11 Pro 5G、Redmi Note 11Sなどがセール中。$196~

背面

POCO M4 Pro (4G)、Redmi Note 11シリーズがセール中です。


Helio G96搭載で$196~のPOCO M4 Pro

POCO M4 Proは90Hzリフレッシュレート、6.43インチFHD+解像度のAMOLEDディスプレイを搭載しています。

AMOLED

遅いeMMCではなくUFS 2.2ストレージを採用しているため、普段使いには十分なスピードを出してくれます。

MediaTek Helio G96を搭載しており、メモリは最大8GB、ストレージは最大256GBです。

ストレージ

5000mAhバッテリーを搭載しており、33W急速充電も可能です。

22時間の動画再生ができるそうです。

33W

ステレオスピーカーを搭載しています。

3.5mmイヤホンジャックや赤外線ポートもあります。

電源ボタンは指紋認証センサーを内蔵しており、顔認証とも併用できます。

ステレオ

64MPカメラを搭載しています。

カメラの出っ張りが広いため、おそらく机の上に置いた時にガタつきにくいと思います。

カメラ

POCO M4 Proは2022/03/15までクーポン3CPR13にて$196 (約2.3万円) で購入できます。

AliExpressで購入する

格安ながら67W急速充電対応のRedmi Note 11 Pro 5G

Redmi Note 11 Pro 5GはSnapdragon 695を搭載しており、5G対応です。

  • 2G: GSM: 850 900 1800 1900MHz
  • 3G: WCDMA:1/2/4/5/8/19
  • 4G: LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
  • 4G: LTE TDD:38/40/41 (B41 2535-2655MHz)
  • 5G: n1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/66/77/78

と対応バンドが広めです。

ディスプレイや側面がフラットになっています。

5G

6.67インチ FHD+解像度のAMOLEDディスプレイを搭載しています。

120Hzリフレッシュレート対応で滑らかな表示が可能です。

また、ステレオスピーカーも搭載しています。

ディスプレイ

5000mAhバッテリーを搭載し、67W急速充電で42分での満充電が可能となっています。

LiquidCool技術により冷却性能も向上しているとのことです。

67W

メインカメラは108MPです。

マクロや超広角カメラも搭載しています。

108MP

ブルーは海をイメージした独特なデザインになっています。

ブルー

Redmi Note 11 Pro 5Gは2022/03/15までクーポン3CPR64にて$265 (約3.1万円) で購入できます。

Redmi Note 11 Pro 5Gを購入する

普段使いに十分な性能なRedmi Note 11S

Xiaomi Redmi Note 11Sは90HzリフレッシュレートのAMOLEDディスプレイを搭載しており、6.43インチ FHD+解像度のAMOLEDパネルを採用しています。

5000mAhバッテリーで重さ179gと比較的軽量です。

ディスプレイ

108MPをメインカメラとしています。

MediaTek Helio G96を搭載しています。

11S

上部には3.5mmイヤホンジャックがあり、ステレオスピーカー搭載です。

Redmi Note 11Sは2022/03/15までクーポン3CPR40にて$209 (約2.5万円) で購入できます。

AliExpressで購入する

Redmi Note 11 ProはRedmi Note 11Sとほぼ同じですが、67W急速充電に対応しており、120Hzリフレッシュレート対応にアップグレードされています。

Redmi Note 11 Pro

Redmi Note 11 Proは2022/03/15までクーポン3CPR60にて$239 (約2.8万円) で購入できます。

AliExpressで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。