POCO M4 Pro 5G、11.11 17時より発売記念価格$199~に。2万円台で5G+5G、90Hz

POCO M4 Pro 5G、11.11 17時より発売記念価格$199~に。2万円台で5G+5G、90Hz

Xiaomi POCO M4 Pro 5Gが11月11日 17時より発売記念特価セールにて$199~で購入できます。


格安5Gスマホふたたび

前モデルPOCO M3 Pro 5Gは1万円台で5G DSDSを実現した格安スマホでしたが、今回登場したPOCO M4 Pro 5Gも格安さは引き継ぎつつもSoCがより強化されており、ステレオスピーカーにアップグレードされています。

発売記念のセールでは$199~と約2.3万円からで買えます。

AliExpressで購入する

Xiaomi POCO M4 Pro 5G 21091116AG
OS Android 11
RAM 4GB/6GB LPDDR4X
ストレージ 64GB/128GB UFS 2.2
microSDカード対応
プロセッサ MediaTek Dimensity 810 MT6833P
ディスプレイ 6.6インチ FHD+ 90Hz
サイズ 162 x 75 x 8mm
重さ 実測197.1g
SIM nano SIM + nano SIM
メインカメラ 50MP + 8MP
フロントカメラ 16MP
バッテリー 5000mAh
USB端子 USB Type-C

POCO M4 Pro 5Gは90Hzリフレッシュレートに対応した6.6インチ FHD+ フラットディスプレイを搭載しています。

一度90Hzや120Hzを体感するともう60Hzではガクガクした動作に見えてしまいますし、格安でも90Hz対応なのは良いですね。

同じような性能の60Hzスマホに比べて動作がスムーズに見えるようになるので、体感的な快適さが全然違います。

90Hz

WidevineはL1で、AmazonプライムビデオでもHD画質でストリーミング再生できることを確認しました。

格安機でも手を抜かずにL1対応してくるのはさすがですね。

L1

背面にはPOCOロゴとカメラエリアが大きくデザインされており、50MPデュアルカメラとなっています。

背面

POCO M4 Pro 5Gは下側に3.5mmイヤホンジャックがあります。

USB Type-Cポートでは33W急速充電に対応しており、一般的なUSB PD充電器でも15W充電できます。

USB Type-C

スピーカーは上部にも穴が空いているタイプのステレオスピーカーとなっています。

上部には赤外線ポートがあるので、テレビなどのリモコン代わりに使えます。

スピーカー

POCO M4 Pro 5GはデュアルSIMで、どちらも5Gをオンにして使えます。

SIMカード

 

ストレージはランダムリード・ライトがロー~ミドルレンジモデルとしてはなかなか速めです。

ストレージ

原神を最高画質・60FPS設定と最高負荷で動かすと、中央値 20FPSでした。(プロ向けベンチマークソフトGameBench Proにて計測しています)

FPS値は低いもののロード画面以外のプレイ中は0FPS近くに落ちることがないため、体感としてはそれほどガクガクした印象はありませんでした。

約16分のプレイで39℃未満と発熱は少なめです。

原神

POCO M4 Pro 5Gは格安でありながらも90Hzリフレッシュレートやそこそこ速いストレージや指紋認証センサー搭載で、普段使いの軽い操作なら快適に使えます。

3.5mmイヤホンジャックがあってWidevine L1対応ですし、動画再生用途などに良いかもしれません。

POCO M4 Pro 5GはAliExpressにて11/11 17時より4GB+64GB版が$199、6GB+128GB版が$219で購入できます。

AliExpressで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。