realme GT Master EditionがAliExpressにて$279~に。深澤直人デザイン、S778G搭載

realme GT Master EditionがAliExpressにて$279~に。深澤直人デザイン、S778G搭載

realme GT Master Editionが8月23日 16時よりAliExpressにて発売されます。


深澤直人デザインが特徴的

realme GT Master EditionはSnapdragon 778Gを搭載したミドルレンジスマホです。

その最大の特徴はINFOBARなどをデザインしたことで知られる深澤直人氏が携わったカラーバリエーションがあることで、他のスマホとは一線を画したデザインに仕上がっています。

『深澤直人氏は生活の中からインスピレーションを抽出し、無意識のデザインと現実 (realme) のデザインを融合させて、新しい「おもしろい」デザインをもたらします。スーツケースを開け閉めするたびに旅の物語を思い出すように、このスーツケースデザインは旅行や探検への衝動を喚起するでしょう。』ということで、スーツケースを意識しているそうです。

耐久性にも気を遣われているようで、

  • 300000回電源キーを押す
  • 150,000回音量キーを押す
  • 4000回 繰り返しオン/オフ
  • 20,000回USBプラグ/アンプラグ
  • 65℃/95%RHの高温高湿環境下で14日間のテスト
  • -40℃~75℃ 300時間の極端な温度テスト

といった厳しいテストがされているそうです。

デザイン

他にもホワイトやブルー (グラデーション) もあります。

ブルーには東レの多層積層フィルム「PICASUS」が使用されており、金属のような光沢感があります。

6.43インチ 120Hzリフレッシュレート対応のSamsung AMOLEDディスプレイを搭載しています。

タッチサンプリングレートは360Hzです。

深澤直人氏デザインは180g、他の色は174gと比較的軽量です。

ディスプレイ

64MP+8MP+2MPのトリプルカメラで、激しく動かしている状態でもブレずに撮影しやすいストリート写真モードがあるそうです。

パンチホールのフロントカメラは32MPで、自撮りをよくする人には良さそうです。

カメラ

realmeは多くのプロストリートフォトグラファーと協力して、エモーショナルでストーリー性のあるストリートフォトの作り方を議論し、世界中の膨大なストリートフォト作品を研究することで、「速い」「リアル」という2つの特徴を抽出し、それをもとに素早く撮影できるプロのストリートフォトモードを開発した、とのことです。

カメラ

65W Super DartChargeに対応しており、4300mAhバッテリーを33分で100%まで充電できるとのこと。

冷却機構も強力で、コアの熱源はすべてカバーされているようです。

立体的に感じられるバイブレーションを実現するリニアモーターの触覚エンジンも搭載されています。

ゲーム用にGT Modeというものもあり、CPUクロック最大化、画質向上や4Dゲーミングバイブなどを利用できます。

バッテリー

対応バンドは

  • 5G: n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n66/n77/n78
  • FDD-LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
    TDD-LTE Band 38/39/40/41
  • 3G: WCDMA Band 1/2/4/5/6/8/19
  • 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz

とかなり広く、プラチナバンドも含んでいます。

realme GT Master Editionは8月23日 16時よりAliExpressにて$279 / $319で購入できます。 

ストアクーポンとして$20オフクーポンが配布されるので、忘れずに取得してから購入に進んでください。

セールは2000台・6時間のみなので、気になる方はお早めに。

【追記】日本向けクーポンをいただきました!クーポンGTMEJP10を使うと$10オフになります。

AliExpressで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。