realme GT Neo 3のフレーム補間で原神を90FPSでプレイしてみた。平均88.8FPS、37.5℃でプレイ可能

realme GT Neo 3のフレーム補間で原神を90FPSでプレイしてみた。平均88.8FPS、37.5℃でプレイ可能

realme GT Neo 3 150W (中国版) にてグローバル版原神でのフレーム補間を無理矢理有効化してみました。


root化すればグローバル版原神でも利用可能

realme GT Neo 3 150Wには、フレーム補間ができるMEMCチップが搭載されています。

ただ、残念ながら中国版では中国で配信されているバージョンのゲームしかフレーム補間の対象になっていません。

realme GT Neo 3 150Wレビュー。Dimensity 8100搭載で原神を54.6FPSで遊べる高性能・低発熱スマホ – AndroPlus
realme GT Neo 3 150W (真我GT Neo3 150W)を購入しました。 高性能で発熱しにくい realme GT Neo 3 150WはMediaTek Dimensity 8100を搭載したスマートフォンです。 MediaTek SoCなのに最大周波数ならSnapdragon 8…
realme GT Neo 3 150Wレビュー。Dimensity 8100搭載で原神を54.6FPSで遊べる高性能・低発熱スマホ - AndroPlus

そこで、無理矢理グローバル版の原神でも使えるようにしてみました。

/data/以下のデータを編集するので、root化が必須です。

【追記】原神のフレーム補間に限っては非rootでも有効化できました。

非rootで有効化する方法

PlayストアでActivity LauncherをインストールしてGame Assistantの項目を探し、一番下にあるcom.coloros.gamespaceui.activity.GameDevelopOptionsActivityを開いてください。

画像のように提升帧率などをオンにすると、原神を開いた時に游戏插帧メニューが出ます。

「提升帧率」が90FPS化するモードで、その上に出る「游戏插帧」モードは動作しません。

この方法だと原神でのMEMCは有効にできますが、Ultra-steady framesの強制有効化はできません。

MEMC

root化して有効化する方法

フレーム補間を有効化するかどうかは、/data/data/com.oplus.games/shared_prefs/com.oplus.games_cloud_control.xmlに書かれているパッケージ名で決められています。

厳密には/my_product/vendor/etc/multimedia_pixelworks_game_apps.xmlでの指定も必要なのですが、グローバル版原神はそちらでは記載があるため、com.oplus.games_cloud_control.xmlの書き換えだけで有効化できます。

FX File Explorer (Settings→Developer/Rootで許可した後System (Root)で開く) などでファイルを開き、optimise_power_game_listframe_insert_game_listincrease_fps_game_listの3つのstringのところに、,com.miHoYo.GenshinImpactを追記してSaveしてください。

例えばcom.pwrd.zsyj.mi</string>となっているところをcom.pwrd.zsyj.mi,com.miHoYo.GenshinImpact</string>にするイメージです。

ちなみにMEMC以外にも、gpa_game_listにパッケージ名を追加すればUltra-steady framesを有効化できるようです(原神は追加不要)。

内部的にはOnePlusブランドで使われているGPA (General Performance Adapter) で呼び名が統一されているようです。

ファイル

adb shell→suやTaskerのRunshell (root) などで下記のようなコマンドを実行しても同じことができます。パッケージ名は適当に変えてください。(MEMC関係は原神以外を追加しても有効になりません)

CONFIG="/data/data/com.oplus.games/shared_prefs/com.oplus.games_cloud_control.xml"
if ! /system/bin/grep -q umamusume "$CONFIG"; then
/system/bin/sed -i -e '/gpa_game_list/ s/<\/string>/,jp.co.cygames.umamusume,net.wargaming.wot.blitz<\/string>/' $CONFIG
/system/bin/sed -i -e '/optimise_power_game_list/ s/<\/string>/,com.miHoYo.GenshinImpact<\/string>/' $CONFIG
/system/bin/sed -i -e '/frame_insert_game_list/ s/<\/string>/,com.miHoYo.GenshinImpact<\/string>/' $CONFIG
/system/bin/sed -i -e '/increase_fps_game_list/ s/<\/string>/,com.miHoYo.GenshinImpact<\/string>/' $CONFIG
fi

 

その後、アプリ管理でGame Assistantを強制停止してください。

アプリ

これで原神を起動すると、ゲームモードに「游戏插帧」メニューが追加されています。

なお、しばらくするとGame Assistantが設定を元に戻してしまうので、メニューが消えたらやり直してください。

 

「提升帧率」はフレームレートを向上するオプションで、60FPS設定時に有効化すると90FPSにしてくれます。

「优化功耗」は60FPSか90FPSの時にフレーム補間することでバッテリー消費と発熱の削減をしてくれる安定化オプションです。

どちらかしか選べず、Ultra-steady framesと併用はできません。

MEMC

45FPSにフレーム補間する (45 x 2) ことで90FPSを実現するため、表示上は45FPSが最大値になります。

原神を最高画質設定で動かしてWeTest PerfDogで計測すると、平均88.8FPS (44.4FPS x 2) でした。

フレーム補間なしだと平均54.6FPS・ジャンク15.5のところ、フレーム補間するとジャンクは13.9とさらに低くなっており、高いフレームレートと相まってかなりの滑らかさです。

FPS

さらに発熱も最大37.5℃程度で、90FPS設定だというのに60FPSプレイ時とほぼ変わらない程度に抑えられています。

ただ、さらに長時間プレイすると40℃程度まで上昇し、フレーム補間が強制的に終了してしまいます。

RefreshRate: requestMemcGameRefreshRate: open=false,rate=0: votes=PRIORITY_HIGH_TEMPERATURE -> Vote{refreshRateId=2, refreshRate=60.0};PRIORITY_WINDOW_REQUEST -> Vote{refreshRateId=2, refreshRate=60.0};
05-06 17:01:56.245 1607 3439 D RefreshRate: requestMemcGameRefreshRate: open=true,rate=1: votes=PRIORITY_HIGH_TEMPERATURE -> Vote{refreshRateId=2, refreshRate=60.0};PRIORITY_MEMC -> Vote{refreshRateId=1, refreshRate=90.0};PRIORITY_WINDOW_REQUEST -> Vote{refreshRateId=2, refreshRate=60.0};

というようなログが残っていました。

発熱

かなり滑らかな表示でプレイできるのに、負荷は60FPSプレイ時と変わらないどころか若干低い程度、というのが凄いです。

なお、OnePlus Aceではグローバル版原神はフレーム補間の対象外となっています。

その代わりPUBGやKing of Gloryでは90FPSのrealme GT Neo3とは異なり、120FPSフレーム補間モードが有効になっているようです。

realme GT Neo 3 150Wレビュー。Dimensity 8100搭載で原神を54.6FPSで遊べる高性能・低発熱スマホ – AndroPlus
realme GT Neo 3 150W (真我GT Neo3 150W)を購入しました。 高性能で発熱しにくい realme GT Neo 3 150WはMediaTek Dimensity 8100を搭載したスマートフォンです。 MediaTek SoCなのに最大周波数ならSnapdragon 8…
realme GT Neo 3 150Wレビュー。Dimensity 8100搭載で原神を54.6FPSで遊べる高性能・低発熱スマホ - AndroPlus

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。