AliExpress WW

REDMAGIC 8 Pro、日本上陸決定!8 Gen 2搭載でベゼルレスな全画面ゲーミングスマホ

REDMAGIC 8 Pro

REDMAGIC 8 Proが日本でも発売されることが発表されました。

ゲームを邪魔するものは何もなし

ゲーミングスマホ、REDMAGIC 8 Proが日本でも発売されることが明らかになりました。

5,000mAhバッテリー・165W急速充電対応のREDMAGIC 8 Pro+は書かれていないため、おそらくREDMAGIC 8 Proのみに絞るということでしょう。

詳細は後日発表するとのことです。

REDMAGIC

REDMAGIC 8 Proレビュー。穴なしフラットな四角デザインでゲームプレイに死角なし – AndroPlus
REDMAGIC 8 Proを購入しました。 穴や角丸に邪魔されないゲーミングスマホ REDMAGIC 8 ProはSnapdragon 8 Gen 2を搭載したスマートフォンです。…
REDMAGIC 8 Proレビュー。穴なしフラットな四角デザインでゲームプレイに死角なし - AndroPlus

REDMAGIC 8 Proはディスプレイが全モデル画面下カメラにアップグレードされており、インカメラが目立たないためノッチやパンチホールでゲームの一部が見えなくなることがありません。

しかもベゼルもほぼ均等でかなり狭く、角丸も最小限となっており画面占有率はなんと93.7%。

エッジもないフラットディスプレイで、かなりの没入感がありそうです。

ディスプレイ

ディスプレイはスペック面でも強力で、6.8インチ2480*1116解像度のAMOLEDで120Hzリフレッシュレート対応です。

タッチサンプリングレートは960HzでDCI-P3 100%、△E<1となっています。

明るさも最大1300nitsとかなり明るいため、屋外でも十分見やすそうです。

1440HzでのPWM調光によりちらつき防止もしてくれます。

REDMAGIC 8 Pro

最大80W充電に対応

REDMAGIC 8 Proは6,000mAhバッテリーで、80W急速充電に対応しています。

バッテリー

Snapdrago 8 Gen 2と強力な冷却機構を搭載

REDMAGIC 8 ProはSnapdrago 8 Gen 2を搭載。

Samsung製だったSnapdragon 8  Gen 1とは比べものにならないほどの高い性能と低発熱・省電力を両立する “当たり” SoCで、原神も平均60FPSで難なく遊べます。

LPDDR5XメモリとUFS 4.0ストレージを搭載しており、快適にゲームプレイできます。

红芯R2 (Red Core R2) と呼ばれる独自のゲームチップも搭載し、ショルダートリガーやRGBライト、スピーカーや触覚フィードバックなどの処理を受け持つことでSnapdragon 8 Gen 2にかかる負荷を軽減してくれます。

Snapdrago 8 Gen 2

REDMAGIC恒例の冷却ファンを搭載しており、2068m㎡の3D VCと合わさってかなり強力に冷やしてくれます。

CUBEアルゴリズムによりゲーム中のパフォーマンスを調整することで消費電力や発熱を減らしてくれる機能もあります。

冷却

ステレオスピーカー搭載

REDMAGIC 8 ProはDTS: X Ultra対応ステレオスピーカー搭載で、3.5mmイヤホンジャックもあります。

無線ではSnapdragon Soundにも対応しているため、有線でも無線でも高音質なオーディオを楽しめます。

1216+115K、5基の磁気サウンドユニット搭載です。

ステレオスピーカー

50MPトリプルカメラ搭載

Samsung GN5をメインとした50MPトリプルカメラ構成です。

USB 3.2 Gen1ポート搭載のおかげで撮影した写真・動画も素早く転送できます。

カメラ

REDMAGIC 8 Proは中国では3999元 (約7.6万円)~で購入できます。

日本版の価格がどうなるか楽しみです。

AliExpress

GIZTOP

ETOREN

REDMAGIC 8 Proレビュー。穴なしフラットな四角デザインでゲームプレイに死角なし – AndroPlus
REDMAGIC 8 Proを購入しました。 穴や角丸に邪魔されないゲーミングスマホ REDMAGIC 8 ProはSnapdragon 8 Gen 2を搭載したスマートフォンです。…
REDMAGIC 8 Proレビュー。穴なしフラットな四角デザインでゲームプレイに死角なし - AndroPlus

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。