Redmi K50シリーズ発表。8 Gen 1を超えるMediaTek Dimensity 9000搭載のProは120W急速充電対応

Redmi K50シリーズ発表。8 Gen 1を超えるMediaTek Dimensity 9000搭載のProは120W急速充電対応

Redmi K50シリーズが中国にて発表されました。


Dimensity 9000で下剋上を狙うMediaTek

これまでのハイエンドAndroidスマートフォンといえばQualcomm Snapdragonシリーズを搭載していることが多く、かろうじてExynosやKirinが食いつけていた、という状況でした。

ところがRedmi K50 Proに搭載されるMediaTek Dimensity 9000では、TSMC 4nm 製造プロセスを採用したことでSnapdragon 8 Gen 1を上回るパフォーマンスをたたき出せるようになったそうです。

高いパフォーマンスを維持できるよう、3950m㎡ものべイパーチャンバー放熱プレートも搭載されています。

LPDDR5メモリ+UFS 3.1ストレージを搭載し、最新のBluetooth 5.3にも対応しています。

放熱プレート

原神の60分のプレイテストでは平均59fpsとスマホでありながらも、放熱に余裕のあるタブレットと同じぐらいのフレームレートを出せたという結果になっています。

原神

RedmiシリーズはXiaomi (Mi) シリーズより安めのラインナップであることが多いものの、今回のRedmi K50 ProではXiaomi 12 Proと同じく独自の充電制御チップSurge P1を搭載し、5,000mAhのバッテリーを19分で満充電できる120W急速充電にも対応しています。

P1

さらにカメラの面では、Dimensity 9000内蔵のImagiq 790 + APU 590のおかげで撮影速度が1倍撮影で30%、2倍で58%高速化されたそうです。

また、OIS (光学式手ぶれ補正) も対応しています。

K50 Proは108MPカメラを搭載しています。

カメラ

ディスプレイはSamsung製2K解像度・526ppiのAMOLEDを採用しており、ハイエンド機種に勝るとも劣らない画質です。

ディスプレイ

DisplayMate でもA+認定を受けており、Gorilla Glass Victusが使用されています。

ディスプレイ

Redmi K50 ProはDimensity 9000を搭載しており、2999CNY (約5.6万円)~で購入できます。

JDで購入する

GIZTOPで購入する

Redmi K50はMediaTek Dimensity 8100を搭載しています。

Snapdragon 888を超えるほどの性能で、こちらも原神の1時間プレイで平均59fpsだそうです。

実際のプレイテストでも平均54.9fps出たという結果になっています。

Proと同様Samsung製2K AMOLEDディスプレイを搭載しています。

バッテリーは5500mAhで67W急速充電対応です。

2499CNY (約4.7万円) で購入できます。

GIZTOPではクーポンRK5050にて3/31まで$50オフになります。

JDで購入する

GIZTOPで購入する

Redmi K40SはSnapdragon 870を搭載しており、珍しくSnapdragon搭載版が廉価版という扱いになっています。

Samsung製E4 AMOLEDディスプレイを搭載しています。

JDで購入する

GIZTOPで購入する

京東 JD .comで中華スマホを購入する方法。新製品はメーカー直販が最安、日本配送も可能 – AndroPlus
京東商城・京东 (JD.COM・ジンドン) での買い方・使い方を軽く紹介します。 最新中華スマホを定価で買える 中国のスマートフォンはかなりコスパが良いものの、国内展開していない製品は海外から輸入するほかなく、正規販売店がAliExpressなどにない場合は転売屋から買うことになってしまいます。…
京東 JD .comで中華スマホを購入する方法。新製品はメーカー直販が最安、日本配送も可能 - AndroPlus

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。