Redmi Note 12 DISCOVERY EDITIONレビュー。210Wで満充電まで最速9分

Redmi Note 12 DISCOVERY EDITION

評価: 3.5

Redmi Note 12 探索版・Redmi Note 12 DISCOVERY EDITIONを購入しました。


10%→100%を11分で充電できる210W急速充電に対応

Redmi Note 12 DISCOVERY EDITION (中国名 Redmi Note 12 探索版、非公式直訳 Redmi Note 12 Explorer Edition) はMediaTek Dimensity 1080を搭載したスマートフォンです。

Redmi Note 12 Pro+をベースとして210W急速充電に対応したモデルで、なんと日本でも210W充電を利用できるようになっています。

このレビューはバージョンV13.0.6.0.SMOCNXM、8GB+256GB版で行っています。

  • 210W充電で即座に満充電
  • 120Hzリフレッシュレート対応OLED
  • 実測927nitsと明るいディスプレイ
  • 3.5mmイヤホンジャックあり
  • 高級感ある光沢の背面
  • IP53防水防塵
  • 200MPの割にカメラ性能は微妙
  • 背面に指紋が付きやすい
  • 分厚く重たい
Redmi Note 12 DISCOVERY EDITION 22101316UC
OS Android 12
RAM 8GB / 12GB LPDDR4X
ストレージ 256GB UFS 2.2
SoC MediaTek Dimensity 1080
ディスプレイ 6.67インチ
FHD+ 2400 x 1080
アスペクト比 20:9
120Hzリフレッシュレート
AMOLED
サイズ 162.9 × 76mm × 8.98mm
重さ 207.5g (実測209.5g)
SIM nano SIM + nano SIM
リアカメラ 200MP (OIS・Samsung S5KHPX)
+ 8MP (超広角 Samsung S5K4H7)
+ 2MP (マクロ OV02B10)
フロントカメラ 16MP (OV16A1Q)
バッテリー 4300mAh
USB端子 USB Type-C (USB 2.0)
バンド 5G:n1 / n3 / n5 / n8 / n28A / n38 / n41 / n77 / n78
4G:FDD-LTE:B1 / B3 / B5 / B8 / B19
TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41
3G:WCDMA:B1 / B5 / B6 / B8 / B19; CDMA EVDO : BC0
2G:GSM:B3 / B5 / B8 ; CDMA 1X : BC0

箱

Redmi Note 12 探索版は当初は英語名が分からないためRedmi Note 12 Explorer Editionなどと言われていましたが、公式の英語名はRedmi Note 12 DISCOVERY EDITIONです。

210W充電器、USB Type-C to Cケーブル、保護ケース、説明書が付属しています。

付属品

USB Type-Cポートが1つの充電器です。

端子は黄色で、120W急速充電器と見分けられるようになっています。

充電器

これまでは急速充電規格をまず200V地域向けに対応させて100V地域は後回し、ということが多かったですが、なんと今回210W充電は最初から100V地域でも使えるようになっています。

100V / 3Aでの入力で、20V / 10.5A = 210Wでの出力が可能です。

仕様

ミドルレンジながらも美しいディスプレイ

Redmi Note 12 DISCOVERY EDITIONは6.67インチFHD+解像度のディスプレイを搭載しています。

Samsung製ではないものの色合いや視野角は良く、ミドルレンジでありながらも美しい表示を楽しめます。

ディスプレイ

ダイヤモンドピクセル配列で、TCL CSOT製のようです。

TCL

明るさ自動調整オンでのHDR動画再生時に輝度をLX-1336Bで計測すると、最大886nitsに達しました。

高輝度モードでは927nitsにまで達しており、屋外でも見やすいです。

明るさ

WALT Latency Timerで計測したタッチ遅延は合計38.1msでした。

MediaTek SoC搭載のミドルレンジ機種としては低めの遅延です。

タッチ遅延

リフレッシュレートは120Hzと60Hzを選べます。

自動だと30 / 60 / 90 / 120Hzの4段階で調整されます。

リフレッシュレート

Widevine L1で、Amazonプライムビデオ (ベータ版) などでHD画質でのストリーミング再生ができます。

Widevine

高級感のある背面

Redmi Note 12 DISCOVERY EDITIONの背面は光沢があり、Xiaomi MIXシリーズを思い起こさせるような高級感があります。

その反面指紋汚れには弱く、少し触るだけで見た目が汚くなります。

背面

重さは209.5gです。

ミドルレンジ機種としては重たく、厚みも8.98mmと薄くないためずっしり重たく感じます。

重さ

鳴り物入りの200MPカメラはMediaTekでは活かせず

Redmi Note 12 DISCOVERY EDITIONは200MPカメラをメインカメラとしたトリプルカメラ構成です。

108MPよりもディテールに優れた写真撮影ができることを期待されていましたが、MediaTek SoCのISPでは扱いきれないのかカメラ画質の改善は大してありませんでした。

カメラ

すべて手持ちで撮影した写真はこちらに保存しています。

彩度はあまり高く調整されておらず、赤色とマゼンタの区別が比較的付きやすいです。

色合い

ミドルレンジにしては綺麗に撮影できます。

ただ、拡大して比較してみると50MPのSONY IMX766を搭載したスマホで撮った写真のほうがくっきりと見やすく、ディテールも大差なかったため、200MPカメラを搭載した意味があったのかよく分かりません。

カメラ

逆光では空の雲が白飛びしてしまい、全体的に暗く映っています。

ソフトウェア側でのチューニングが進めば改善されるかもしれませんが、今のところ200MPカメラは単なるギミックです。

逆光

夜景モードでの光源はあまり白飛びせず、周囲も明るめに映せました。

夜景

実測で11分での満充電が可能

下部にはUSB Type-Cポートとスピーカー、SIMスロットがあります。

USB Type-Cポート

設定より「Boost charging speed」で充電速度の高速化設定ができます。

充電

最大240W・10Aに対応しているChargerLAB POWER-Z KM002Cで室温20℃ほどで10%→100%までの充電時間を計測した結果は11分でした。

夜に充電しなくても、出かけるちょっと前に充電するだけで満充電できます。

バッテリー残量が少ない最初の段階で175W以上出るようになっており、段々と120Wほどに下がって安定していきます。

210W

60%を超えても110Wほど、95%に到達してようやく30Wほどに制限されるという状態で、充電して早々に制限が強くなる120W充電とは大違いです。

210W

バッテリー残量の推移をみるとほぼ垂直です。

発熱は大きめではあるもののバッテリー温度は最大でも45℃で、他の急速充電との差は大きくありません。

温度

日本キャリアのVoLTEに対応

Redmi Note 12 DISCOVERY EDITIONの対応バンドは

  • 5G:n1 / n3 / n5 / n8 / n28A / n38 / n41 / n77 / n78
  • 4G:FDD-LTE:B1 / B3 / B5 / B8 / B19
  • TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41
  • 3G:WCDMA:B1 / B5 / B6 / B8 / B19; CDMA EVDO : BC0
  • 2G:GSM:B3 / B5 / B8 ; CDMA 1X : BC0

Y! mobileSoftBankLINEMOといったSoftBank系の回線に加え、ahamoIIJmioOCN モバイル ONEなどのdocomo回線でも概ね問題ないでしょう。

au回線でもVoLTE通話が可能でした。

VoLTE

イヤホンジャックあり

最近のスマホでは廃止されていることが多い3.5mmイヤホンジャックを上部に搭載しています。

スピーカー穴は左右どちらも側面にあるタイプで、どちらかというと低音が少し強めです。

イヤホンジャック

Dolby Atmos対応です。

Dolby Atmos

側面に指紋認証センサー搭載

Redmi Note 12 DISCOVERY EDITIONは右側面に指紋認証センサー内蔵の電源ボタンと音量ボタンを搭載しています。

側面

左側面には特に何もありません。

左側面

普段使いは快適にできる程度の性能

Redmi Note 12 DISCOVERY EDITIONはMediaTek Dimensity 1080を搭載しています。

重たいゲームは快適に、とはいえないまでも問題なくプレイできる程度の性能を持っているため、普段使いでストレスを感じることはないでしょう。

 

Geekbench 5では原神偽装版でシングルコア483・マルチコア2120、通常版でシングルコア765・マルチコア2288でした。

パッケージ名判定でのスロットリングを行っているようです。

Geekbench

3DMark Wild Life Stress Testではスコア2265で、温度上昇は25℃→32℃ (7℃上昇)でバッテリー消費は7%でした。

3DMark

ドキュメント操作など普段使いでのパフォーマンスを計測するPCMark Work 3.0ではスコア11315でした。

GPU性能はそこまででもない代わりCPU性能は高めで、ゲームプレイ以外の用途を快適にしたい人に向いています。

PCMark

ストレージはUFS 2.2なのでそれなりの速度です。

ストレージ

原神を最高画質・60FPS設定でプレイしてWeTest PerfDogで計測すると、平均41FPSで1FPSあたり104.5mWの消費電力でした。

フレームレートこそ出ていないものの、電力効率は悪くありません。

原神

World of Tanks Blitzでは、120FPS設定・グラフィック設定すべて最高値でのプレイしたところ平均90.1FPSで、1FPSあたり50.5mWの消費電力でした。

WoT

まとめ

  • 210W充電で即座に満充電
  • 120Hzリフレッシュレート対応OLED
  • 実測927nitsと明るいディスプレイ
  • 3.5mmイヤホンジャックあり
  • 高級感ある光沢の背面
  • IP53防水防塵
  • 200MPの割にカメラ性能は微妙
  • 背面に指紋が付きやすい
  • 分厚く重たい

 

Redmi Note 12 DISCOVERY EDITION・Redmi Note 12 探索版はとにかく充電を素早く終わらせて使いたい、という人にぴったりです。

ただそれ以外の面でいうと200MPカメラは本領を発揮できておらず、世界最速レベルの充電速度が要らないならRedmi Note 12 Proなど下位モデルで十分な感じがします。

JDでは2399CNY (約4.8万円)~で販売されています。

JDで購入する

AliExpressで購入する

GIZTOPで購入する

京東 JD .comで中華スマホを購入する方法。新製品はメーカー直販が最安、日本配送も可能 – AndroPlus
京東商城・京东 (JD.COM・ジンドン) での買い方・使い方を軽く紹介します。 最新中華スマホを定価で買える 中国のスマートフォンはかなりコスパが良いものの、国内展開していない製品は海外から輸入するほかなく、正規販売店がAliExpressなどにない場合は転売屋から買うことになってしまいます。…
京東 JD .comで中華スマホを購入する方法。新製品はメーカー直販が最安、日本配送も可能 - AndroPlus

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。