Ultenic T10 ロボット掃除機レビュー。自動でゴミ収集してくれる上に水拭きもできるマルチな掃除機

Ultenic T10 ロボット掃除機レビュー。自動でゴミ収集してくれる上に水拭きもできるマルチな掃除機

Ultenic T10 ロボット掃除機をいただきました。


自動で充電 & ゴミ収集

掃除の手間を減らすのに便利なロボット掃除機ですが、本体のゴミトレイがすぐ一杯になってしまって捨てるのが面倒なことがあります。

Ultenic T10 ロボット掃除機は、なんと充電ステーションにゴミ収集機能も搭載されており、自分でゴミトレイを出し入れすることなくゴミを吸い出してくれるという優れものです。

ダストバッグに溜まったゴミを捨てるだけで済むので、ロボット掃除機本体のトレイをいちいち取り出すよりも手間が大幅に削減できます。

Ultenic T10 ロボット掃除機

Ultenic T10 ロボット掃除機は通常の掃除に加え、水拭きもできるようになっています。

水拭き用のモップやリモコン、電池、クリーニングツールなどが付属しています。

付属品

予備のダストバッグも2つ付いています。

ダストボックス

充電スタンドにはダストバッグがあらかじめ取り付けられています。

茶色い部分を抜き差しするだけで良いので簡単です。

ゴミ捨ては1~2ヶ月に1回ほどで良いそうです。

ダストバッグ

ロボット掃除機本体は円形です。

ロボット掃除機

底面にはブラシなどが付いています。

背面

ゴミが付いたときに掃除しやすいよう、簡単に取り外せるようになっています。

ブラシ

ダストボックスの取り外しもラクラクです。

ここに水を入れておけば、水拭きができるようになります。

ダストボックス

充電スタンドでゴミを吸い出すときの音が大きいものの、Ultenic T10 ロボット掃除機単体の動作音はそれほどうるさくありません。

3cmほどの厚みの体重計があると上に乗っかってしまったので、平べったいものはあまり床に置いておかない方が良いかもしれません。

カーペットとフローリングを自動で判別し、カーペットだと強力モードに変更してくれます。

掃除中の音はPixel 6 Proで計測すると47.6dB程度でした。

47.6dB

アプリ連携で便利に

Ultenicアプリをインストールしてペアリングすることで、スマートフォンでマップを見たりスケジュール登録したりできるようになります。

初回はユーザー登録が必要です。

アプリ

この手の機器のペアリングは手こずることが多いのですが、Ultenic T10 ロボット掃除機は特に問題なくスムーズにペアリングできました。

案内に従ってボタン操作し、2.4GHzのWi-Fi アクセスポイントの設定をすれば良いだけです。

ペアリング

掃除をさせると自動でマッピングされ、アプリにも部屋の形や移動ルートが反映されます。

アプリから充電スタンドに戻るよう指示したり、ゴミ収集させたりできます。

マッピング

Google Home、Amazon Alexaといったスマートホーム・音声アシスタントと連携させることもできます。

スマートホーム

設定では掃除のスケジュールやリモコンの設定などができるほか、Ultenic T10 ロボット掃除機本体から聞こえる音声案内の音量や言語も変更できます。

他社のロボット掃除機だと音量調整できずうるさいことがありますが、Ultenic T10なら音量を小さくできるので快適になります。

設定

個人的にかなり便利だと感じたのが「消耗品記録」で、フィルター、サイドブラシなどの推定寿命を出してくれます。

消耗しているかどうかはなかなか気付きにくいものですし、これは良いですね。

消耗品

 

Ultenic T10 ロボット掃除機はAmazonにて、2022/04/05現在58,990円で販売されており、15,000円オフクーポンが配布されています。

Amazonで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。