vivo X FoldがGIZTOPにて$300オフ。両画面120Hz、8インチで電子書籍やマンガ向きの折りたたみスマホ

背面

vivo初のフォルダブルスマホ、vivo X FoldがGIZTOPにてセール中です。


内側・外側ともに120Hzや画面内指紋認証対応

vivo X FoldはSnapdragon 8 Gen 1を搭載した折りたたみスマートフォンです。

中国メーカーとしては後発である分最高レベルに仕上がっており、おなじみのZEISS T*コーティングカメラに両画面とも120Hzリフレッシュレート対応、画面内指紋認証にUSB 3.2 Gen 1ポートなど高スペックです。

GIZTOPでは$300オフの$1499に値下げされています。

GIZTOPで購入する

vivo X Foldレビュー。ZEISSカメラに両画面120Hz対応、折り目が目立たない最高峰の折りたたみスマホ – AndroPlus
vivo初のフォルダブルスマホ、vivo X Foldを購入しました。 内側・外側ともに120Hzや画面内指紋認証対応 vivo X FoldはSnapdragon 8 Gen 1を搭載した折りたたみスマートフォンです。 中国メーカーとしては後発である分最高レベルに仕上がっており、おなじみのZEISS…
vivo X Foldレビュー。ZEISSカメラに両画面120Hz対応、折り目が目立たない最高峰の折りたたみスマホ - AndroPlus

  • 両画面とも120Hzリフレッシュレート対応AMOLED
  • 両画面とも超高速な超音波式の画面内指紋認証
  • マンガを見開き表示できる8.03インチ画面
  • 折り目が目立ちにくい
  • Snapdragon 8 Gen 1 + LPDDR5 + UFS 3.1
  • ZEISS T*コーティングの50MPクアッドカメラ
  • 2倍望遠 & 5倍望遠、最大60倍ズーム対応
  • 66W有線 & 50Wワイヤレス充電対応
  • USB 3.2 Gen 1、映像出力対応
  • Hi-Fi DAC CS43130搭載
  • 重い
  • ゲーム時などは熱くなりやすい
  • 内画面はアスペクト比の都合上ゲームに不向き
  • Gmail通知は遅れやすい
  • 日本キャリアでのVoLTE有効化が非rootでは難しい
vivo X Fold V2178A
OS Android 12
RAM 12GB LPDDR5
ストレージ 256GB / 512GB UFS 3.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1
ディスプレイ 内側:8.03インチ 2160 ×1916 アスペクト比4:3.55 120Hz LTPO AMOLED
外側:6.53インチ 2520 ×1080 アスペクト比21:9 120Hz AMOLED
サイズ 展開時:162.01 x 144.87 x 6.28~7.40mm
折りたたみ時:162.01 x 74.47 x 14.57~14.91mm
重さ 311g (実測316.2g)
SIM nano SIM + nano SIM
メインカメラ 50MP OIS対応 (Samsung S5KGN5)
+ 48MP (超広角 SONY IMX598)
+ 12MP (ポートレート SONY IMX663)
+ 8MP OIS対応 (ペリスコープ望遠 OmniVision ov08a10)
フロントカメラ 16MP (Samsung S5K3P9)
16MP (Hynix hi1634q)
バッテリー 4600mAh
USB端子 USB Type-C (USB 3.2 Gen 1、映像出力対応)
バンド 2G GSM: GSM850/GSM900/DCS1800/PCS1900
2G CDMA: BC0/BC1
3G WCDMA: B1/B2/B4/B5/B8/B19
4G FDD-LTE: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B25/B26/B28/B32/B66
5G SA: n1/n2/n3/n5/n7/n8/n12/n20/n28/n66/n38/n40/n41/n77/n78/n79
5G NSA: n38/n41/n77/n78/n79

vivo X Foldは30万回の折りたたみにも耐えられるという内側ディスプレイで、8.03インチ 2160 ×1916解像度、アスペクト比 4:3.55です。

折り目がほとんど目立たず、画面を消して光に反射させると分かる程度です。

ディスプレイ

さらに折りたたんだときも隙間がなくぴったり閉じられるという、かなり高いビルドクオリティです。

折りたたみ

横方向の視野を広くしたいゲームには不向きですが、マンガや電子書籍だと見開き表示できるため、単行本より少し小さい程度の表示になります。

Kindle・ジャンプ+など見開き対応アプリでは横向きだと見開き、縦向きだと1ページ単位の表示になるため、1ページを大きく見たければすぐ切り替えられます。

マンガ

外側ディスプレイはXperiaやMotorolaスマホと同じアスペクト比21:9です。

解像度2520 ×1080、120Hzリフレッシュレート対応で、ちゃんと外側ディスプレイもハイエンドスマホ並です。

内側、外側どちらもSamsung製AMOLEDで、ダイヤモンド配列です。

Widevine L1で、Amazonプライムビデオ (ベータ版) などでHD画質でのストリーミング再生ができます。

外側ディスプレイ

vivo X Foldは両画面ともに画面内指紋認証を採用しており、しかも3D超音波式のセンサーを搭載しています。

内側ディスプレイだと右側のほうに認証センサーがあり、かなり高速に認証してくれます。

外側ディスプレイでも高速です。

vivo X Foldの背面はレザー調で手触りが良いです。

  • 50MP OIS対応 (Samsung S5KGN5)
  • 48MP (超広角 SONY IMX598)
  • 12MP (ポートレート SONY IMX663)
  • 8MP OIS対応 (ペリスコープ望遠 OmniVision ov08a10)

というクアッドカメラで、フレアやゴーストを抑えられるZEISS T*コーティングがされています。

背面

白飛びを絶対に防いでやるという固い意志の表れなのか、真っ暗でかなり厳しい環境であっても白飛びがかなり抑えられた明るい撮影が可能です。

夜景

光学5倍、最大60倍のペリスコープ望遠レンズも搭載しています。

5x

USB Type-Cポートは10%→100%を33分で充電できる66W急速充電に対応。

50Wワイヤレス充電にも対応しています。

DisplayPort Alt Modeでの映像出力にも対応しているため、ゲームなどを大画面で楽しむこともできます。

映像出力対応

Hi-Fi DAC「CS43130」を搭載しており、アナログ有線イヤホン (付属品) を使う時により高音質な音楽を楽しめます。

Hi-Fi

OriginOSは日本語対応で、Google PlayストアはアプリストアよりGoogleマップなどをインストールすれば自動的にインストールされます。

 

VoLTE有効化が難しい、中国版にありがちな通知遅れ対策が面倒というデメリットはあるものの、ハードウェア面では最高峰の折りたたみスマホです。

私はBootloader UnlockしてVoLTEを有効化して使っていましたが、8インチ画面を普通のスマホと同程度のサイズ感で持ち運べるところがかなり刺さり、もう普通のスマホには戻れなくなってしまいました。

 

GIZTOPでは$300オフの$1499に値下げされています。

GIZTOPで購入する

AliExpressで購入する

TradingShenzhenで購入する

ETORENで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。