vivo X80、X80 Pro発表。夜景撮影や原神90FPSプレイを強化するV1+チップにSamsung GNVセンサー搭載

vivo X80、X80 Pro発表。夜景撮影や原神90FPSプレイを強化するV1+チップにSamsung GNVセンサー搭載

vivo X80シリーズが中国にて発表されました。


強化された独自チップV1+で最高レベルの夜景撮影を

Snapdragon 8 Gen 1・MediaTek Dimensity 9000搭載のvivo X80 Pro、MediaTek Dimensity 9000搭載のvivo X80が中国にて発表されました。

 

独自チップvivo V1+を搭載していることにより、夜景撮影時の処理性能やゲームでのフレーム補間性能が強化されています。

特に夜景撮影では処理性能・速度が画質に直結しますし、前モデルvivo X70シリーズよりも良い結果を期待できそうです。

なんとMediaTek Dimensity 9000バージョンにもV1+チップは搭載されているため、全モデルでその恩恵を受けられます。

MediaTekだと最適化不足が問題になりがちですが、V1+チップのおかげでSnapdragonとの差が小さくなりそうです。

V1+チップ

V1+チップのおかげで、ベースモデルであるvivo X80でもかなりの夜景性能を発揮できるそうです。

V1+チップはカメラ画像処理だけでなく、フレーム補間にも利用できます。

原神であれば90FPSでのプレイをGPUにあまり負荷を掛けることなく実現できるため、滑らかな表示で長くプレイし続けられます。

V1+

vivo X80ではRGBW技術を採用したSONY IMX866をメインカメラとしています。

暗所での光をより多く取り込めるため、夜景撮影性能が従来型のカメラよりも大幅にパワーアップしていることが期待されます。

ZEISS T*コーティングもしっかりされており、強力な画像処理と相まって白飛びやフレアをかなり防いでくれます。

カメラ

vivo X80 ProではSamsung GNVセンサーを採用しています。

最大60倍ズーム、OIS 光学式手ぶれ補正対応のペリスコープ望遠レンズも搭載されています。

ペリスコープ望遠レンズ

vivo X80 ProではQualcomm 3D Sonic Maxを搭載したことにより、通常よりも広い範囲で高速な指紋認証ができます。

少し位置がずれるだけで認証できなくなるスマホと違って、スムーズにロック解除できそうです。

2本指でのロック解除も設定できるぐらいの広さなので、指紋認証が楽になりそうですね。

指紋認証

vivo X80シリーズは有線では80Wでの急速充電が可能です。

11分で50%まですぐに充電できるそうです。

ワイヤレスでも50Wでの急速充電が可能です。

80W

VC冷却プレートは4285mm²と巨大です。

Snapdragon 8 Gen 1・MediaTek Dimensity 9000は高性能な分発熱が心配ですが、これだけあれば十分放熱できるでしょう。

冷却

vivo X80は3699CNY~と、高性能な割に比較的安めです。

CS43131 DACを搭載しており、MediaTek Dimensity 9000搭載モデルでもQualcommのaptX、aptX HDコーデックに対応するなど、vivoはSnapdragonとMediaTekの差を小さくしようとしているようです。

X80

 

vivo X80・X80 Proはグローバルでも発表される予定です。

京東で購入する

AliExpress

GIZTOP (X80)

GIZTOP (X80 Pro)

TradingShenzhen

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。