Xiaomi Pad 5発表!3.4万円~でS860・870搭載、11インチ2.5K 120Hzにペン対応

Xiaomi Pad 5発表!3.4万円~でS860・870搭載、11インチ2.5K 120Hzにペン対応

大人気だったMi Pad 4から約3年、ついにXiaomiが新しいAndroidタブレットを発売します。


Snapdragon 870搭載

Xiaomiはかつて小米平板4・Mi Pad 4シリーズとしてSnapdragon 660を搭載したタブレットを販売していました。

当時としても珍しかったミドルレンジSoC搭載でスペックが良く、人気を博していました。

10.1インチタブレットXiaomi Mi Pad 4 Plusレビュー。S660・前面指紋センサー搭載の高コスパタブ – AndroPlus
Geekbuyingで10.1インチタブレット、Mi Pad 4 Plusを購入しました。 珍しいSnapdragon搭載10.1インチタブレット Androidタブレット市場はスマートフォンに比べると勢いがなく、かつてはSnapdragonを搭載したタブレットも多かったものの、今ではMediaTek…
10.1インチタブレットXiaomi Mi Pad 4 Plusレビュー。S660・前面指紋センサー搭載の高コスパタブ - AndroPlus

およそ3年経った2021年8月10日、今回ようやく後継製品となる小米平板5・Xiaomi Pad 5が発表されました。

今回はMi Pad 5ではなく、Xiaomi Pad 5が正式名称になるようです。

Xiaomi Pad 5は11インチ・2.5K 2560×1600解像度のLCDディスプレイを搭載しています。

120Hzリフレッシュレートに240Hzのタッチサンプリングレート、Dolby Visionや10億色表示にも対応しています。

ディスプレイ

Mi Pad 4の頃はただのタブレットでしかありませんでしたが、今回はスタイラスペン操作に対応。

イラスト作成やPDFファイルへのメモ書きなど、色々な用途に使えるようになります。

スタイラスペンは020-210098として技適を通過しているため、日本でもリリースされることはほぼ確実です。他の企業だと展示用などで取得することもありますが、Xiaomiはハードウェアの利益率を5%以下に抑えると宣言しているため、販売しない製品で無駄に技適を取得することはまずありません。

スタイラスペン

キーボードやマウスを接続してPCのように使うこともできます。

通常ケースは99CNY、キーボードケースは399CNYで購入できます。

キーボード

Xiaomi Pad 5 Proが搭載するパワフルなSnapdragon 870に加えて放熱性の良さが加わり、リソースドカ食いの原神でも60FPS設定で平均57FPSとかなりスムーズな動作が可能となっています。

Xiaomi Pad 5はSnapdragon 860搭載です。

原神

Xiaomi Pad 5 Proのバッテリーは8600mAhです。

重さは515g、厚みは6.86mmとなっています。

バッテリー

タブレットとしては珍しく、67Wもの高速充電に対応しています。

Xiaomi Pad 5は33Wまで、Xiaomi Pad 5 Proは67W対応で、67Wでは67分で100%まで充電できます。

67W

Xiaomi Pad 5 Proではスピーカーが合計8つも搭載されています。

iPad Proなどと比べてもパワフルな音楽再生が出来るそうです。

スピーカー

5G対応モデルも用意されているようです。

対応バンドは

  • GSM:B2/3/5/8
  • CDMA 1x/EVDO:BC0
  • WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
  • LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/19
  • LTE TDD:34/38/39/40/41/42
  • 5G: n41/77/78/1/3/28a

となっており、日本のプラチナバンドもそこそこ含んでいます。

Google PlayのデバイスカタログにもXiaomi Pad 5 Pro・M2105K81ACなどが登録されておりファームウェア内にもGmsCoreがあるため、Playストアさえインストールすれば中国版でもGoogle Playが使えるはずです。

なお、デバイスカタログに載っているからと言ってグローバル展開されるとは限りません。(Mi Pad 4も登録はされているため)

デバイスカタログ

 

Xiaomi Pad 5は1999CNY~ (3.4万円)、Xiaomi Pad 5 Proは2499CNY~ (4.3万円)で購入できます。

これほどのスペックで3万円台から買えてしまうのは破格すぎます。

性能的にはGalaxy Tab S7をも上回るレベルですし、AMOLEDではないというのが弱点ではありますが、逆に同じような画面を表示させたままになりやすい用途で使う方にとってはLCDのおかげで焼き付きの心配はありません。

Xiaomi Pad 5 Proレビュー。4万円台でS870や8基スピーカー搭載の高コスパタブレット – AndroPlus
Xiaomi Pad 5 Proを購入しました。 久々のハイエンドAndroidタブレット 大人気だったMi Pad 4シリーズから約3年、久しぶりにXiaomiからハイエンドなAndroidタブレットが発売されました。 Xiaomi Pad 5 ProはSnapdragon…
Xiaomi Pad 5 Proレビュー。4万円台でS870や8基スピーカー搭載の高コスパタブレット - AndroPlus

京東で購入

AliExpressではグローバルバージョンを名乗るものが販売されています。

AliExpressで購入

Pro 5GをGIZTOPで購入

ProをGIZTOPで購入

無印をGIZTOPで購入

京東 JD .comで中華スマホを購入する方法。新製品はメーカー直販が最安、日本配送も可能 – AndroPlus
京东 (JD.COM・ジンドン) での買い方・使い方を軽く紹介します。 最新中華スマホを定価で買える 中国のスマートフォンはかなりコスパが良いものの、国内展開していない製品は海外から輸入するほかなく、正規販売店がAliExpressなどにない場合は転売屋から買うことになってしまいます。…
京東 JD .comで中華スマホを購入する方法。新製品はメーカー直販が最安、日本配送も可能 - AndroPlus

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: , ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。