Xiaomi Redmi Note 11 & Redmi Note 11Sが1/28 17時より発売。1万円台後半で90Hz AMOLED

背面

Xiaomi Redmi Note 11 & Redmi Note 11Sが発売です。


普段使いに十分な性能で1万円台後半から

Xiaomi Redmi Note 11・11Sはゲームなど以外の普段使いなら十分快適にできる性能を持っており、90HzリフレッシュレートのAMOLEDディスプレイを搭載していながらも1万円台後半からと格安です。

Redmi Note 11グローバル版レビュー。5000mAhバッテリーで重さ177.6g、余計な性能を削って格安に – AndroPlus
Xiaomi Redmi Note 11グローバル版をいただきました。 1万円台後半で90Hz AMOLEDディスプレイ Redmi Note 11グローバル版はSnapdragon 680、Android 11を搭載したスマートフォンです。 MediaTek Helio…
Redmi Note 11グローバル版レビュー。5000mAhバッテリーで重さ177.6g、余計な性能を削って格安に - AndroPlus

6.43インチ FHD+解像度のAMOLEDパネル採用で、保護フィルムを貼りやすいフラットディスプレイです。

5000mAhバッテリーで重さ177.6gと比較的軽量です。

ディスプレイ

50MP Samsung ISOCELL JN1をメインカメラとしたクアッドカメラです。

カメラ

上部には3.5mmイヤホンジャックがあり、有線イヤホンを挿して使えます。

赤外線ポートもあるためリモコンアプリで登録すればテレビやエアコンなどをスマホから操作できるようになります。

ステレオスピーカー搭載です。

イヤホンジャック

nano SIM 2枚とmicroSDカードを入れられるようになっており、DSDSと容量追加を両立できます。

SIMトレイ

AliExpressでは2022/01/28 17時より、4GB+64GB版が$159 (約1.8万円)~で購入できます。

AliExpressで購入する

Redmi Note 11SはMediaTek Helio G96にSoCが変更されています。

カメラも108MPにアップグレードされています。

11S

Redmi Note 11Sは2022/01/28 17時より、$229 (約26,000円)~で購入できます。

AliExpressで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。