Lenovo XiaoXin Pad Pro 2022発表。120Hz 11.2″ OLED、68W急速充電対応

XiaoXin Pad Pro 2022

Lenovo XiaoXin Pad Pro 2022タブレットが発表されました。


少し軽量になり高スペック化

Lenovoの格安Androidタブレット、XiaoXin Pad Pro 2022 (小新Pad Pro 2022) が中国にて発表されました。

XiaoXin Pad Pro 2021と変わらずSnapdragon 870を搭載していますが、XiaoXin Pad Pro 2022は若干画面サイズやバッテリー容量が小さくなっている代わりに120Hzリフレッシュレートや68W急速充電に対応しています。

XiaoXin Pad Pro 2022とXiaoXin Pad Pro 2021の主な違いは以下の通りです。

XiaoXin Pad Pro 2022 XiaoXin Pad Pro 2021
SoC Snapdragon 870
メモリ 8GB LPDDR5 6GB LPDDR5
ストレージ 128GB UFS3.1
ディスプレイ 11.2インチ OLED 11.5インチ OLED
リフレッシュレート 120Hz 90Hz
サイズ 263.66×166.67×6.8mm 264.28×171.40×5.8mm
重さ 480g 485g
バッテリー 8200mAh 68W 8600mAh 20W

なお、メモリがLPDDR4xで指紋認証非対応、30W充電にしか対応していないXiaoXin Pad Pro 2022 MediaTek Kompanio 1300Tバージョンもあります。

 

カラーバリエーションが豊富で、他ではあまり見かけないような色合いも用意されています。

XiaoXin Pad Pro 2022

XiaoXin Pad Pro 2021だと大容量バッテリーの割に急速充電は20Wにしか対応しておらず遅かったですが、XiaoXin Pad Pro 2022では68W急速充電に対応したおかげで素早く再充電できます。

microSDカードでの容量追加もできます。

68W

USB Type-CポートはUSB 3.2 Gen 1で、映像出力にも対応しています。

USB 3.2 Gen 1

11.2インチのOLEDディスプレイを搭載し、120Hzリフレッシュレート対応です。

HDR10+で、10.7億色もの表示ができるようになったそうです。

4096段階の筆圧検知可能なスタイラスペンに対応しており、ペンで細かな書き込みやイラスト制作などもできます。

1920HzのPWM調光に対応しています。

ペン対応

XiaoXin Pad Pro 2022はDolby Atmos対応のJBLクアッドスピーカーを搭載しています。

専用キーボードを取り付ければノートPCのような見た目で使うこともできます。

XiaoXin Pad Pro 2022

SoCがSnapdragon 870からアップグレードされていないことが残念ですが、120Hzリフレッシュレートや68W急速充電など普段使いの快適さに関わる部分は着実に改善されています。

XiaoXin Pad Pro 2022はJDにて予約購入できます。

JDで購入する

GIZTOPで購入する

京東 JD .comで中華スマホを購入する方法。新製品はメーカー直販が最安、日本配送も可能 – AndroPlus
京東商城・京东 (JD.COM・ジンドン) での買い方・使い方を軽く紹介します。 最新中華スマホを定価で買える 中国のスマートフォンはかなりコスパが良いものの、国内展開していない製品は海外から輸入するほかなく、正規販売店がAliExpressなどにない場合は転売屋から買うことになってしまいます。…
京東 JD .comで中華スマホを購入する方法。新製品はメーカー直販が最安、日本配送も可能 - AndroPlus

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。