1万円切り骨伝導ヘッドホンAfterShokz OpenMoveに新色登場!軽量29gで使い勝手よし

1万円切り骨伝導ヘッドホンAfterShokz OpenMoveに新色登場!軽量29gで使い勝手よし

骨伝導ヘッドホンAfterShokz OpenMoveに新色エレベーションブルー、ヒマラヤンピンクが登場です。


IP55防汗、USB-C充電可能

AfterShokz OpenMoveは1万円切りというお手頃価格ながらも、ハイエンドモデルと同等の骨伝導技術やチップを採用している高コスパな骨伝導ヘッドホンです。

これまでスレートグレー・アルパインホワイトが販売されていましたが、今回新色エレベーションブルー、ヒマラヤンピンクが追加されました。

新色

AfterShokz OpenMoveはBluetooth 5.0対応、Qualcomm QCC3024チップ搭載で電波が途切れにくく、実際に3部屋以上またいでも途切れずノイズもなく聞こえます。

骨伝導ヘッドホンの最大のメリットは「耳の穴を塞がない」こと。

ビデオ会議やサイクリング中、運動中など通話したり音楽を聞いたりしたいけれど、周囲の音も拾っておきたい場面に役立ちます。

耳が痛くなりがちなインイヤーヘッドホンと違い、耳に載せるような形なので負担がなく、中耳炎や外耳炎のリスクも低減できます。

ブルー

安物の骨伝導ヘッドホンだと不快な振動をするものもありますが、OpenMoveなら問題ありません。

音量をかなり大きくするとさすがに振動を感じますが、通常の音量なら全く振動している感じがしません。

ノイズキャンセリング機能付きのマイクもあるため、通話やビデオ会議などでもクリアな音声で伝えられます。

ピンク

重さは29.2gとかなり軽量です。

充電はUSB Type-Cケーブルでできるようになっているため、スマートフォンやノートPCと同じケーブル・充電器を共用できます。

上位モデルは専用のマグネット充電ケーブルですが、個人的にはUSB-Cケーブル1本で済ませられるOpenMoveのほうが好きです。

約6時間以上の電池持ちで、音が鳴っていない時間が多いと消費が抑えられるため、実際にテレワークで使ったところ8:30~17:45 (休憩1時間) の約8時間ずっと使えました。

軽量

メガネをかけていても干渉せず付けられますし、快適な骨伝導ヘッドホンが欲しい方にAftershokz OpenMoveはおすすめです。

装着時

AfterShokz OpenMoveの新色エレベーションブルー、ヒマラヤンピンクは2021/01/21現在公式サイトではまだ販売されていないようですが、e☆イヤホン楽天市場店などでは販売開始されています。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。