Androidスマホ ベンチマーク結果まとめ。CPU・メモリ・ストレージ性能・タッチレイテンシー一覧

Androidスマホ ベンチマーク結果まとめ。CPU・メモリ・ストレージ性能・タッチレイテンシー一覧

AnTuTuベンチマークがGoogle Play プロテクトでブロック対象になり、偽物も現れるなどきな臭くなってきたので、ベンチマークアプリを変えることにしました。自分用に各SoC・デバイス毎のベンチマーク結果をまとめておきます。


ベンチマーク結果一覧

AndroidのベンチマークアプリではAnTuTu Benchmarkが人気でしたが、 2020年3月頃にGoogle Playストアから削除されてしまいました。

当初は「広告詐欺に関する一斉BANの巻き添えを食らっただけ」という見方もありましたが、Playストアからの削除だけでなくAPKインストール時にも警告が出るなどGoogleからの締め付けが強くなっており、単なる誤BANではなく本当に個人情報を盗んでいる可能性も出てきています。

また、AnTuTu Benchmark Testを名乗る偽物と思われるアプリまで登場しています。

偽物と思われるAnTuTu Benchmark TestがPlayストアに登場。インストールは非推奨 – AndroPlus
Google Playストアから削除された人気ベンチマークアプリAnTuTu Benchmarkですが、偽物と思われるものがPlayストアに登場しました。 いつでも情報抜き取りを始められる状態 AnTuTu…
偽物と思われるAnTuTu Benchmark TestがPlayストアに登場。インストールは非推奨 - AndroPlus

ベンチマークする程度でリスクはとりたくない、ということで、今後のベンチマークはAnTuTuではなくGeekBench 5・3DMark・PCMark・CPDT Benchmarkで計測することにしました。

 

比較対象がないと分かりにくいため、各ベンチマーク結果をここにまとめておきます。

自分で計測したものを順次追加していきます。

表の中にあるスクロールバーを動かすとスコアが低い端末まで表示できます。

なお、一部の個別記事ではWeTest PerfDogで計測したゲーム性能データも掲載しています。

WeTest PerfDogでAndroid/iOSのゲーム性能・FPSを計測。XiaomiやMediaTekも採用するプロツール – AndroPlus
Android・iOS機器でのパフォーマンス測定ができるツール、WeTest PerfDogを紹介します。 FPSやバッテリー温度を手軽に計測できる スマートフォンの性能を客観的な指標で比較するために、AnTuTuや3DMarkといったベンチマークソフトを使っている方は多いと思います。…
WeTest PerfDogでAndroid/iOSのゲーム性能・FPSを計測。XiaomiやMediaTekも採用するプロツール - AndroPlus

ベンチマーク端末

モデル名の数字は下記グラフの*の数値と一致させています:

端末一覧 (クリックで開きます)
モデル名 OS SoC ストレージ
1. OnePlus 8 Pro (WQHD+) Android 10 Snapdragon 865 UFS 3.0
2. OnePlus 7 Android 10 Snapdragon 855 UFS 3.0
3. Xperia 1 Android 10 Snapdragon 855 UFS 2.1
4. OnePlus Nord Android 10 Snapdragon 765G UFS 2.1
5. Xperia XZ Premium Android 9 Snapdragon 835 UFS 2.1
6. Rakuten Mini Android 9 Snapdragon 439 eMMC 5.1
7. VANKYO MatrixPad S30 Android 9 Unisoc SC9863a eMMC 5.1
8. Dragon Touch NotePad 102 Android 10 Unisoc SC9863a eMMC 5.1
9. Galaxy Tab S7 Android 10 Snapdragon 865 Plus UFS 3.0
10. Google Pixel 3a Android 11 Snapdragon 670 eMMC 5.1
11. OnePlus 8T Android 11 Snapdragon 865 UFS 3.1
12. Teclast M40 Android 10 Unisoc T618 eMMC 5.1
13. Galaxy Tab S7+ Android 10 Snapdragon 865 Plus UFS 3.0
14. realme 7 5G Android 10 MediaTek Dimensity 800U 5G UFS 2.1
15. Xiaomi Mi 11 (WQHD+) Android 11 Snapdragon 888 UFS 3.1
16. motorola edge s Android 11 Snapdragon 870
※GPU 905MHz
UFS 3.1
17. Xiaomi POCO F3 Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
18. OnePlus 9 Pro
(ColorOS、WQHD+)
Android 11 Snapdragon 888 UFS 3.1
19. OnePlus 9 Pro
(OxygenOS、WQHD+)
Android 11 Snapdragon 888 UFS 3.1
20. vivo iQOO Neo5 Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
21. POCO M3 Pro 5G Android 11 MediaTek Dimensity 700 UFS 2.2
22. Lenovo Yoga Pad Pro Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.0
23. Lenovo Yoga Tab 13 Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.0
24. OPPO Find X3 Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
25. OnePlus Nord CE 5G Android 11 Snapdragon 750G UFS 2.1
26. Xiaomi Mi 11 Lite 5G Android 11 Snapdragon 780G UFS 2.2
27. OnePlus Nord 2
※高パフォーマンスモードON
Android 11 MediaTek Dimensity 1200-AI UFS 3.1
28. OnePlus Nord 2
※高パフォーマンスモードOFF
Android 11 MediaTek Dimensity 1200-AI UFS 3.1
29. Xiaomi MIX 4 Android 11 Snapdragon 888 Plus UFS 3.1
30. Xiaomi Pad 5 Pro Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
31. Xiaomi Pad 5 Android 11 Snapdragon 860 UFS 3.1
32. TECLAST T40 Plus Android 11 Unisoc T618 eMMC
33. Meizu 18 Android 11 Snapdragon 888 UFS 3.1
34. POCO M4 Pro 5G Android 11 MediaTek Dimensity 810 UFS 2.2
35. TCL 10 Pro Android 11 Snapdragon 675 UFS 2.1
36. Lenovo XiaoXin Pad Pro 2021 Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
37. OnePlus 9RT 5G Android 11 Snapdragon 888 UFS 3.1
38. Google Pixel 6 Pro Android 12 Google Tensor UFS 3.1
39. vivo X70 Pro+ Android 11 Snapdragon 888 Plus UFS 3.1
40. motorola edge X30 Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
41. Lenovo XiaoXin Pad Pro 12.6 (Lenovo Tab P12 Pro) Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
42. Xiaomi 12 Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
43. realme GT 2 Pro Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
44. Redmi Note 11 グローバル版 Android 11 Snapdragon 680 UFS 2.2
45. Xiaomi POCO X3 Pro Android 11 Snapdragon 860 UFS 3.1
46. OPPO Find N Android 11 Snapdragon 888 UFS 3.1
47. Redmi K50G Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
48. Galaxy Tab S8+ Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
49. OPPO Pad Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
50. Lenovo Legion Tab Y700 Android 11 Snapdragon 870 UFS 3.1
51. OPPO Find X5 Pro Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
52. Redmi Note 11 Pro+ 5G Android 11 MediaTek Dimensity 920 UFS 2.2
53. Redmi K50 Pro Android 12 MediaTek Dimensity 9000 UFS 3.1
54. realme GT Neo3 Android 12 MediaTek Dimensity 8100 UFS 3.1
55. vivo X80 Android 12 MediaTek Dimensity 9000 UFS 3.1
56. Google Pixel 6 Android 12 Google Tensor UFS 3.1
57. Black Shark 4 Pro Android 11 Snapdragon 888 UFS 3.1
58. vivo X Fold Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1
59. Infinix ZERO X PRO Android 11 MediaTek Helio G95 UFS 2.2
60. Blackview Tab 12 Android 11 Unisoc SC9863A eMMC
61. OPPO Reno7 A Android 11 Snapdragon 695 UFS 2.2
62. vivo X80 Pro グローバル版 Android 12 Snapdragon 8 Gen 1 UFS 3.1

※基本的に端末で設定できる最高解像度・リフレッシュレートの状態で計測します。

なお、熱制御の都合上冬のほうが高い数値が出やすく、夏はすぐ熱制御のしきい値に達してしまいやすくなります。(冬は室温20℃ほど、夏は室温28℃ほどで計測)

計測時期は個別記事の投稿日を参照してください。

ベンチマークブーストについて

特に中華スマホでは、ベンチマーク時だけCPUクロックを最大に固定するなどして数値をよく見せかける、いわゆる「ベンチマークブースト」を行っていることがあります。

ベンチマークブーストとは別に、ベンチマーク結果は普通なものの、パッケージ名で識別してアプリのCPU/GPU動作を制限する「スロットリング」という挙動もあります。

 

性能向上に伴って発熱が増えることは当たり前なので「スロットリング」については回避手段があるなら大きな問題ではないと考えていますが、「ベンチマークブースト」は他端末との公平な比較ができなくなる、ベンチマークを無意味にする悪質な行為だと考えています。

実際、ベンチマークブーストが行われたMediaTek Dimensity 8100・9000搭載端末とブーストされていないSnapdragon搭載端末を比較して「MediaTekのほうが優れている」という誤った結論を出してしまっているサイトも多いです。

「ブーストを前提として比較すればいい」という人もいますが、基準が無茶苦茶な比較に何の意味があるというのでしょうか…。

realmeスマホでのベンチマークブーストが発覚。CPU周波数を固定するGeekbench専用モードや難読化での隠蔽も – AndroPlus
realmeスマートフォンでベンチマークブーストが行われることを発見しました。 AnTuTuやGeekbenchで実態とかけ離れた結果に…
realmeスマホでのベンチマークブーストが発覚。CPU周波数を固定するGeekbench専用モードや難読化での隠蔽も - AndroPlus

以下のベンチマーク結果のうちGeekbench 5ではベンチマークブーストを行っているか確認しやすいため、ブーストを行っていることが分かれば非ブースト時のスコアを掲載しています。

Geekbench 5でブーストしていれば他のベンチマークアプリ (AnTuTu含む) でも同様に行われていると考えて良いです。

現時点で判明しているものをリストアップしておきます。

ベンチマークブーストを行っている端末👠:

  • realme / OnePlus (MediaTek) … 54
  • Black Shark … 57
  • Infinix … 59

スロットリングを行っている端末:

  • Samsung … 48
  • Xiaomi … 53
  • vivo … 55、58

なお、MediaTek SoC搭載端末では/vendor/etc/power_app_cfg.xmlなどで調整対象のアプリ一覧が記載されています。P20の時代から同様の調整が行われているため、MediaTek SoCのベンチマークは基本的に信用しないほうが良さそうです。

 

ベンチマークブースト・スロットリングを確認する方法:

  1. Geekbench 5をインストールする
  2. こちらのGeekbench開発者のツイートより、原神に偽装したバージョンをダウンロードしてインストールする
  3. まず原神偽装版でスコアを計測した後、通常のGeekbenchでもスコアを計測する

普通なら短期間にベンチマークを繰り返すとスコアが下がりますが、通常版のほうがスコアが明らかに大きければベンチマークブースト・スロットリングをしている可能性が高いです。

Cpu FloatなどCPUクロックをオーバーレイでリアルタイム表示できるアプリを使ってCPUクロックを確認し、通常版のGeekbenchを開いた時に最大値に張り付いたまま・最大値になりやすい状態であれば、スロットリングではなくブーストを行っているということになります。

オーバーレイ表示が消える場合は、開発者向けオプションで「設定での画面オーバーレイを許可する」をオンにしてください。

CPU性能

CPU性能はGeekbench 5にて計測します。

シングルコア

マルチコア

(端末一覧にもどる▷)

ミドルレンジのSnapdragon 765GやMediaTek Dimensity 1200でも少し前のハイエンドSoCに勝るとも劣らないスコアをたたき出していますし、ゲームなど重たいことをしないならミドルレンジでも十分な時代になってきました。

グラフィックス性能

主にGPUのグラフィックス性能を3DMarkのクロスプラットフォーム対応テストWild Lifeにて計測します。

Android 10以降のOSでのみ動作するため、古い端末とは比較できません。

さらに負荷が高いWild Life Extremeの結果はこちらです。

Vulkan APIを利用し、3840×2160解像度でWild Lifeよりもエフェクトなどが増やされています。

(端末一覧にもどる▷)

普段使いの性能

普段使いの操作での快適さをPCMark Work 3.0で計測します。Work 3.0ベンチマークではウェブの閲覧、動画の編集、ドキュメントやデータの操作、写真の編集など、一般的なタスクをどのように処理するかを確認されています。

CPUだけでなくGPUやストレージ性能など全般的な性能を計測できます。

最低でも7000以上でないと快適な普段使いは厳しいと思います。

(端末一覧にもどる▷)

以下はPCMark Work 2.0時点のデータです。Work 3.0とは異なる数値が出る場合がありますが、差はあまりありません。

効率の良さ

原神を最高画質・60FPS設定でプレイしたときの平均フレームレートを平均消費で割った数値で、どれだけ効率の良い端末なのかの指標にします。

効率が良い端末では、少ないバッテリー消費で滑らかな表示を維持できるということになります。

SoC単体の性能だけではなく、どれほどソフトウェアでの最適化もされているかが分かります。

SoC単体の性能で見るとハイエンドSoCに負ける機種でも、実際のゲームプレイでは安定した性能を発揮できる場合があります。

特記事項:

  • AI Frame Rate Stabilizerがオン…51
  • Ultra-steady framesがオン…46、49、54
  • パフォーマンスモードがオン…53、54
    (スロットリング解除にパフォーマンスモードが必要なため)
  • ✨ = フレーム補間またはフレームレート安定化機能を有効化済み

(端末一覧にもどる▷)

ストレージ・メモリ性能

ストレージとメモリの性能はCPDT Benchmarkで計測します。

かつてはeMMC (embedded MultiMediaCard) が主流でしたが、最近ではより高速なUFS (Universal Flash Storage) の採用が広まっています。UFS 1.0では最大総帯域幅が300 MB/sだったのがUFS 2.1では1200 MB/sになり、UFS 3.0では2900 MB/sになるなどかなりのスピードで進化しています。

Android Compatibility Definition Document によると、Android 12では

  • シーケンシャルライト…125 MB/s以上
  • シーケンシャルリード…250 MB/s以上
  • ランダムライト…10 MB/s以上
  • ランダムリード…40 MB/s以上

が高パフォーマンスなデバイス (Performance class 12) として認定されるようです。

CDDとCPDTでは計測方法が違うのでそのまま当てはめることはできませんが、参考にはなると思います。

シーケンシャルライト

シーケンシャルリード

ランダムライト

ランダムリード

同じ規格でも機種によってかなりバラツキがあり、UFS 3.1だから必ず良い結果になるとも限らないようです。

メモリコピー

LPDDR4・LPDDR4xが主流ですが、最近ではLPDDR5が登場しました。LPDDR4xではデータ転送速度が最大4.266Gpsなのに対して、LPDDR5では最大6.4Gbpsと1.5倍もの高速化がされています。

最大8.5Gbpsに強化されたLPDDR5Xが2022年後半以降に商用化されることで、今後さらに高性能なものが出てくると思います。

(端末一覧にもどる▷)

タップ・画面レイテンシー

WALT Latency Timerにて、タップレイテンシー (タッチへの反応の遅延) と画面描画のレイテンシーを計測しました。

ゲームモード、最高リフレッシュレートに設定した状態で30回ほどタップした結果を使い、画面中央で明るさ最大にして画面描画の遅延を計測しています。

ACTION_DOWN時のタッチからカーネル、カーネルからJavaの間の遅延と画面描画の遅延の合計値が「タッチして画面表示が変化するまでにかかる遅延」で、少ない方が良いです。

どうやらMediaTek SoC搭載端末は画面描画で遅延が発生しやすいようです。

タッチからカーネル、カーネルからJavaの間の遅延を小さくするにはタッチサンプリングレートを、画面描画の遅延を小さくするにはリフレッシュレートを高めると良いようですが、タッチサンプリングレートについてはゲームモードの設定でも明示的に高いモードを選べないことがあります。

(端末一覧にもどる▷)

オーディオレイテンシー

オーディオ出力時の遅延をWALT Latency Timerにて計測しました。

3.5mmイヤホンジャックがある端末ではイヤホンジャックを使い、非搭載であればUSB Type-CハブにPlugable USB オーディオアダプタを取り付けて計測します。

WALT Latency TimerはAAudioなどのAPIに対応していないため、API対応アプリであればこの計測結果より低遅延になると思います。

Dolby Atmosが有効だと20msほど遅延が増えるようです。

🎧=イヤホンジャックあり

(端末一覧にもどる▷)

スピーカーのレイテンシー

音ゲーをする際などに関わってくる、音の遅延も計測してみました。

計測はSuperpowered Mobile Audio Latency Test Appを使用します。静かな場所で音量を最大に設定し、スピーカー再生でテストしています。

※近所に大音量のビープ音が響き渡るので今後の計測はしません…。

 

一般的に使用されているOpenSL ESでは遅延が大きめで、Androidの仕様上どうしても改善がしにくい状況です。

ちなみに最近のスマホ・タブレットによく搭載されているDolby Atmosは処理が増える都合上さらに遅延が大きくなってしまいます。

新しいAPIであるAAudioでは遅延が抑えられており30ms台になっていますが、10ms以下にするのはやはり難しいようです。

AAudioはAndroid 8.0以降向けに設計されたアプリでしか使用できないため、一般的なゲームで使えるようになるにはまだまだ時間が掛かりそうです。

有線イヤホン等であれば10msほどにできるので、音ゲーをする際はイヤホン・DACを接続したほうが良いでしょう。

まとめ

同じ規格を採用していても新しいモデルほど改良・最適化が進み、パフォーマンスが高まる傾向にあります。

分類上はミドルレンジでも数年前のハイエンドモデルを超える性能を持っていることもありますし、安価に高性能なスマホが手に入る時代になって良いですね。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。