Amazfit PowerBuds Proレビュー。心拍数モニタリングや40dBノイキャン搭載の運動向けイヤホン

Amazfit PowerBuds Pro

評価: 4.5

Amazfit PowerBuds Proをいただきました。


音楽を聞きながら心拍数も測れる

Amazfitといえばコスパの良いスマートウォッチ・スマートバンドでおなじみですが、実は完全ワイヤレスイヤホンも販売されています。

スポーツ・健康重視のAmazfitらしく、Amazfit PowerBuds Proはイヤホンで音楽を聞きながら心拍数モニタリングも可能という画期的な仕組みを備えています。

Amazfit PowerBuds Pro

付属品はUSB Type-Cケーブル、イヤーピース、説明書です。

イヤーピースはMサイズが最初から装着されており、S・L・XLサイズに付け替えられます。

付属品

真っ白なボディにさりげなくAmazfitロゴが入っています。

ホワイト

イヤホン単体で最大9時間、ケース込みで最大30時間のバッテリー持ちです。

15分間の充電で約2.5時間の再生が可能な高速充電に対応しています。

USB Type-C to Cケーブルでも充電できます。

USB Type-C

背面にペアリング用のファンクションボタンがあります。

ファンクションボタン

マグネット式のフタで、逆さにして振っても開きません。

ペアリング

イヤーピースを付けている部分に外⽿道⼼拍数モジュールが搭載されています。

光学センサーのため透明なイヤーピースになっており、黒色の他社製イヤーピースに変えてしまうと心拍数モニタリングがうまくできなくなるので要注意です。

本体はIP55防滴・防塵です。

イヤホン

イヤホン本体の重さは13.2gでした。

重さ

ケース込みだと55gです。

ケース

Androidスマホならすぐペアリングできる

Amazfit PowerBuds ProはGoogle Fast Pair対応なので、Android 6.0以降のAndroidスマートフォンであればケースを開いてスマホに近づけるだけでペアリングの確認画面が出てきます。

アプリのインストールもペアリング時に提案してくれます。

設定画面でもイラスト付きで左右・ケースのバッテリー残量が表示されます。

AACコーデック対応です。

ペアリング

Zeppアプリを使うとノイズキャンセリングなどの詳細設定が可能です。

長時間首を動かさなかったときにリフレッシュを促すアラートをしてくれる「頸部保護」や、大音量や聞きすぎで健康に害を及ぼさないよう注意してくれる「聴覚の健康」といった他社製イヤホンだとあまり搭載されていないような健康機能もあります。

アプリ

ノイズキャンセリングは4つのモードを選べます。

キーボードの音などが完全に消えるわけではないものの、掃除機の音やファン音などはかなり軽減してくれます。

特に屋内スポーツモードにしておけば、ノイズはなくしつつも人の声はそこそこ聞こえるようになるので、家族の呼びかけや来客にも気付きやすいです。

ノイズキャンセリング

左右のイヤホンをタッチしたときの挙動も細かく変更できます。

アクション

スマートウォッチなしに心拍数モニタリング

Amazfit PowerBuds Proは心拍センサーの他加速度センサーや圧力センサーなども搭載しており、ランニング中であることを認識したり、心拍数が高まった時にアラートをしたりしてくれます。

運動中に音楽を聞いていると重低音を強めにしてくれる「モーションビートモード」もあり、運動しながら音楽を聞く用途に便利です。

心拍数モニタリング

サードパーティーアプリでAmazfit PowerBuds Proを心拍数センサーとして登録することもでき、これも常時オン・運動中だけオンを選べます。

Map My Runアプリで「A2030」として接続できることを確認しました。

接続

通常だとスマートウォッチなどがないと心拍数を測れませんが、Amazfit PowerBuds ProがあればイヤホンだけでBGM再生と心拍数モニタリングを両立できます。

しかも運動アプリのアナウンスも聞こえやすいですし、運動用のイヤホンにもってこいです。

ワークアウト

グラフで心拍数の遷移を出してくれます。

心拍数

低音が強め

Amazfit PowerBuds Proは低音が強めな調整がされています。

Amazfit PowerBuds Pro

定位感・低音域周波数、遅延

定位感は特に問題なく、近い音は大きく聞こえ上下左右の動きもはっきり感じられました。

低音域では20Hzの再生が可能でした。

AACコーデックのおかげか遅延は小さめで、動画では口の動きと音のズレが感じられませんでした。

低音

Billie Eilishのbad guyのように元から低音が強い曲だとかなり強調されており、クラップ音など高音部分は少し抑え気味なもののクリアに聞こえます。

ドンシャリな味付けが好きな方には良いと思います。

高音

BUMP OF CHICKENのアカシアでは高音のハイハットが鳴り続けていますが、ボーカルやベースに比べると少し離れた位置で鳴っているように聞こえます。

低音が強いパートだと埋もれてしまいがちです。

Amazfit PowerBuds ProはIP55防水防塵で心拍数モニタリングができるなどフィットネスに適した機能を多数搭載しており、運動しながら音楽を楽しみたい人におすすめな完全ワイヤレスイヤホンです。

なかなか強いアクティブノイズキャンセリングに対応してくれているおかげでファン音など邪魔な音はシャットアウトしてくれますし、屋外でも運動モードにしておけば余計な音で集中がそがれるのを防ぎつつ近くの人の声や音響信号機などは適度に聞こえるようにしてくれます。

 

Amazfit PowerBuds ProはAmazonにて2022/02/18現在23,800円で購入できます。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。