FiiO M11 Plus発売。Android 10・SDM660搭載DAP、LDAC対応やAK4497EQ DAC 2基搭載も

FiiO M11 Plus発売。Android 10・SDM660搭載DAP、LDAC対応やAK4497EQ DAC 2基搭載も

FiiO M11 Plusが発売されました。


M11 Proのアップグレードモデル

FiiO M11 PlusはM11 Proのアップグレード版となるDAPで、Android 10を搭載しています。

M11 ProではAndroid 7.0・Exynos 7872・3GBメモリでしたが、M11 PlusではSnapdragon 660に4GBメモリとDAPとしては十分現代的なスペックになっています。

同じSnapdragon 660搭載DAPでもiBasso DX300だと約13万円もしますし、約8.7万円のFiiO M11 Plusでもそこそこの性能に仕上げてくれているのは良いですね。

M11 Plus

FiiO M11 PlusはAK4497EQ DAC 2基とTHX AA-78アンプモジュールを搭載しており、3.5mm+2.5mm+4.4mmの3種類のポートがあります。

AK4497EQチップが製造終了している影響でアルミ合金バージョンは6000台、ステンレスバージョンは1000台のみ製造されている状況なので、売り切れればもう手に入れることは難しくなってしまいます。

音質

M11 Plusは物理ボタンとタッチセンサー付きスライドパネルという新デザインのボリュームコントロールを採用しています。

双方向のBluetooth接続に対応しており、SBC、AAC、aptX、aptX HD、LDACコーデックに対応しています。

アンプ

USBポートはUSB 3.0にアップグレードされており、最大90MB/Sの高速書き込みを実現しています。また、27Wの高速充電にも対応しています。

バッテリー持ちも改善されており、約11.5時間持つそうです。

FiiO M11 Plus

FiiO M11 PlusはHiFiGoにてプレセールが開始されており、87,417円~で購入できます。

FiiO M11 Plusを購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。