KZ EDA IEMレビュー。バス・バランス・高解像度特化の3種類がセットになった1DDイヤホン

セット

KZ EDA IEMをいただきました。


3種セットで好みに合わせて使い分けられる

KZ EDA IEMはバス特化、バランス型、高解像度特化という3種類のイヤホンがセットになっています。

1つ$12ほどという計算になるのでバラ売りしてくれた方が気軽に買えるんじゃ…とは思いますが、まとめることで一つあたりが安くなるという理由もあるのでしょう。

箱

この通りKZ EDAが3個セットで入っています。

全てにMサイズのイヤーピースが付いています。

3個セット

付属品はイヤーピースL・S 1セット、2ピンケーブル、説明書です。

Mサイズのイヤーピースは3セット付いてくるのに他は一つだけなんですね…。

付属品

ピン周りにはカバーが付いており、折れにくくなっています。

高純度銀メッキケーブルだそうです。

ケーブル

シェルの中央部分は透明になっており、中が見えます。

質感は安っぽいです。実際1セット1,500円程度なので価格相応といったところでしょう。

シェル

インピーダンス 34Ω、感度 112.5dBです。

イヤホン

それぞれ音が違っていて面白い

KZ EDAはそれぞれがバス特化、バランス型、高解像度特化となっています。

好みに合わせて使い分けられます。

ただ、正直なところどれも低音が強めなのは変わらないですし、わざわざ3つに分けてセットにするほどの劇的な違いでは無いように感じました。

セット

バス特化タイプ

バス特化タイプでは低音が特に強めに強調されており、響くような低音を楽しめます。

高音も十分綺麗に鳴らしてくれています。

バス特化

 

高解像度特化タイプ

高音を強調しているというだけなく、すべての音がクリアに聞こえます。

ハイハットの音なども潰れず明瞭に聞こえます。

ささやくようなボーカルやクラップ音などもくっきりと聞こえました。

高解像度

バランス型タイプ

バランスは本当に2つの中間といった調整ですが、それでも低音が少し強めです。

ボーカルが特にはっきり聞こえるように感じます。

バランス

1セットあたり約1200円ほどという安さでありつつも、そこらの完全ワイヤレスイヤホンなどより良い音質でした。

ただ3つのイヤホンの違いがそれほど大きくなく、イコライザーで調整すれば再現できそうな程度だったので、せっかくならもっと大きく方向性を変えてもらいたかったです。

KZ EDAはHiFiGoにて$35.99~で販売されています。

HiFiGoで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。