Roboto & M+の合成フォントMejiroをリリース。MagiskモジュールやXiaomi/OPPOテーマストアで配布中

Roboto & M+の合成フォントMejiroをリリース。MagiskモジュールやXiaomi/OPPOテーマストアで配布中

主にAndroid向けに合成フォントを作ってみました。


Robotoは残しつつ日本語表示を変えたい人向け

root化したAndroid端末向けにシステムフォントをKoruriに変更するMagiskモジュールをすでに公開しています。

ただ、KoruriはOpen SansとM+ FONTSの合成フォントのため、「g」が二階建てのg・メガネgと呼ばれる形状になっているなど少しクセがある部分がありました。

また、Roboto + Noto Sans CJKと比べるとフォントの高さが高いようで行間が開いたような表示になります。

Koruri フォントに置き変える Magisk モジュールをv20.2+向けに更新しました【要root】 – AndroPlus
Android のシステムフォントを Noto Sans CJK JP から Koruri に置換する Magisk モジュールを、Magisk V20.2以降向けのものに更新しました。 system-less でフォント置換 Android では基本的に Noto Sans CJK JP…
Koruri フォントに置き変える Magisk モジュールをv20.2+向けに更新しました【要root】 - AndroPlus

好みの問題なのでどちらが良いというものではないですが選択肢はあった方が良いということで、Androidのシステムフォントとして馴染みのあるRobotoと合わせたフォント、Mejiroを作成することにしました。

Koruriのフォークのようなものなので、青い小鳥→碧→緑という連想でメジロと名付けています。

Mejiro – Japanese composite font of M+ FONTS and Roboto
Mejiro は M+ FONTS と Roboto を掛け合わせた日本語フォントです。…

Mejiroの特徴

MejiroはRobotoフォントとM+ 1pを合成しているため、Robotoフォントを置換した際に発生する「ロック画面の時計のコロンが文字化けする」問題は発生しません。

また、OnePlusスマートフォンに搭載されているOxygenOS 11以降で使用されるコロンにも対応させています。

AndroidでRobotoフォントを置換するとロック画面のコロンが豆腐になる原因 – AndroPlus
Androidのテーマ機能やFlashable ZIPなどでRobotoフォントを置換すると、ロック画面のコロンが豆腐 (四角に文字化け) になる原因と、その対策方法をメモしておきます。 ロック画面のコロンは”fancy colon” Androidのロック画面や常に画面表示 (Ambient…
AndroidでRobotoフォントを置換するとロック画面のコロンが豆腐になる原因 - AndroPlus

また、Android環境だけでなくWindows環境でも綺麗な表示ができるようにヒンティング (gridfit) を無効化しています。

Windowsではヒンティング情報を使ってフォント表示を調整しようとするのですが、特にHiDPI環境では逆にその調整のせいでギザギザな汚らしい表示になってしまいます。(Visual Studio Codeなどで顕著です)

ヒンティング情報はAndroidやLinux、macOSなどでは基本的に無視されており、高解像度なディスプレイが当たり前となった現代ではもはや不要でしょう。

 

MejiroはApache License v2.0 でライセンスされており、商用を含む利用や再配布、埋め込み、改変などを自由にできます。

Android向けに配布中

Magiskにてroot化したAndroidスマートフォン向けに、Mejiroに置換するMagiskモジュールを公開しています。

Releases · AndroPlus-org/magisk-module-mejiro-font
Contribute to AndroPlus-org/magisk-module-mejiro-font development by creating an account on GitHub.…

また、Xiaomiスマートフォンに搭載されているMIUI グローバル版・中国版のテーマストアでも配信しています。

MIUIではzFont 3など特殊なアプリを使わないと好きなフォントに変更できませんが、その場合はフォントファイルを含むテーマを自動生成する形になるため、壁紙が勝手に戻ってしまうなど不具合が発生してしまいます。

公式に配布されているフォントを使う方法であれば、そのような問題は発生しません。

テーマストアではどう考えても権利者でない人が再配布禁止フォントを配布してしまっているものがいくつもありますが、Mejiroは私が登録したものなのでライセンス的にもクリーンです。

Mejiro

追加設定→地域にてインドなどに設定すると、フォント変更するオプションがテーマストアに出てきます。

設定

もしくは、Activity Launcherなどで「font」と検索すれば直接起動できます。

「Mejiro」を検索して適用してください。

font

MIUIのテーマストアでMejiroを適用した場合システムUIなどほとんどの箇所は置換できますが、Chromeなどブラウザ内ではページ側のフォント指定が優先されるためNoto Sans CJKでの表示のままとなります。

非rootの限界ではありますが、設定のフィードバックから要望しておくと改善してくれるかもしれません。

Mi 11 Lite 5GXiaomi MIX 4にて動作確認しています。

中国版MIUIでもちゃんとした日本語フォントで使えるようになるので、かなり使いやすくなると思います。

MIUI

OPPOテーマストアでの配布も

2021/08/31よりOPPOテーマストアでもMejiroの配信を開始しました。

グローバル版・日本版でもテーマストアでMejiroを探すだけで適用できます。

なお、一部アプリでは反映されないことがあるようです。

テーマストアはこちら

OPPO

中国版OPPO Find X3のテーマストアでは残念ながら出てきませんでしたが、グローバル版のテーマストアをインストールしてしまえば出てきました。

テーマストアはcom.heytap.themestore / com.nearme.themespaceの2種類があるようですが、OPPO Find X3の中国版ColorOSの場合はcom.heytap.themestoreでした。

設定からテーマストアの更新をアンインストールすればインストールできます。

realmeも同じテーマストアを利用しているようなので、グローバル版であればMejiroが出てくると思います。

ColorOS for OnePlusではこちらのテーマストアをインストールすればMejiroをインストールできました。

グローバル版テーマストア

中国版

OxygenOS 12で搭載されるというOnePlusのテーマストアもOPPOのリソースを共有していると思うので、そちらでもMejiroが使えるかもしれません。

 

丸みのある日本語フォントを使いたい、という方はぜひMejiroを使ってみてください。

Mejiro – Japanese composite font of M+ FONTS and Roboto
Mejiro は M+ FONTS と Roboto を掛け合わせた日本語フォントです。…

Mejiroが役に立った場合は、GitHub Sponsorsにて支援していただけると幸いです。

支援する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: , ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。