Nothing Phone (1)、63,800円~で8月19日発売

Nothing Phone (1)、63,800円~で8月19日発売

Nothing Phone (1)の日本での正式発売日が8月19日に決まりました。


Amazon等でも販売へ

OnePlusの共同創業者、Carl Pei氏が独立して設立したブランドNothingから発売されるスマートフォンNothing phone (1)が、日本では8月19日に正式発売されることが明らかになりました。

カラーはホワイトとブラックの2色で、8+128GB版 63,800円~で購入できます。

公式サイトのほか、Amazon等でも19日より販売開始される予定です。

IIJmioでも販売されます。

公式サイトで購入する

Amazonで購入する

GIZTOPで購入する

光る背面とシンプルなOSで勝負

Nothing Phone (1)はGlyph インターフェースと呼ばれるLEDライトを背面に搭載しており、通知などで光ります。

スマホを使わないときに画面を下向きにして置く派の人には便利そうです。

ディスプレイは120Hzリフレッシュレート対応のAMOLEDで、50MP SONY IMX766カメラ搭載です。

4500mAhバッテリーで33W急速充電やワイヤレス充電にも対応しています。

背面

Nothing OSと呼ばれるAndroid・AOSPベースの独自OSを搭載しており、3年間のOSアップデート、4年間のセキュリティアップデートが約束されています。

残念ながら日本語フォントは普通のAndroidそのままですが、英語やウィジェットなどではドットを基調としたデザインになっています。

Nothing Phone (1)

63,800円~というと、日本では価格的にはXiaomi 11T Proがライバルとなります。

Nothing Phone (1)がデザインで勝負を仕掛けるのに対して、Xiaomi 11T ProはSnapdragon 888・おサイフケータイ・120W急速充電・108MPカメラ・harman/kardonステレオスピーカー搭載と高スペックです。

デザインやOSの魅力と差別化でどこまで高スペックスマホを引き離せるのか、要注目です。

公式サイトで購入する

Amazonで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。