Qualcomm初の商用スマホSmartphone for Snapdragon Insiders発表。QCOM技術全部入り

Qualcomm初の商用スマホSmartphone for Snapdragon Insiders発表。QCOM技術全部入り

Qualcommがついに個人向けにスマートフォンを発売します。


ASUSと共同開発

これまでQualcommは開発者向けにリファレンススマホを開発することはありましたが、個人向けに販売することはありませんでした。

今回発表されたSmartphone for Snapdragon Insiders (ZS675KW-BL512R12、EXP21 Smartphone) は単なるリファレンスではなく、個人でも購入できて実用性も高いスマホとなっています。

しっかり背面にもSnapdragonロゴが入っています。

Snapdragon

ROG Phone 5っぽい見た目なのは、ASUSと共同開発したためです。

6.78インチ 20.4:9 (2448 x 1080) 、144 HzリフレッシュレートのSamsung AMOLEDディスプレイを搭載しています。

ピーク時の明るさは1200nitsで、Corning® Gorilla® Glass Victusを採用しています。

ASUS

SONY IMX686 64 MPとSONY IMX363 12 MP超広角カメラ、8MPテレフォトカメラを搭載しています。

超広角カメラでは4cmまでのマクロ撮影も可能です。

Qualcomm® 3D Sonic Sensor Gen 2での高速な指紋認証も対応しています。

カメラ

音響面はSnapdragon Soundで強化されており、専用の完全ワイヤレスイヤホンが付属しています。

スピーカーはステレオで、WDA8835アンプ、AAC SLS0916A-04 + AAC 1216SLSスピーカーであることが明かされています。

通信面ではWi-Fi 6E・Bluetooth 5.2対応で、対応バンドは

  •  5G Sub6 NR (Bands n1, n2, n3, n5, n7, n8, n11,
    n12, n13, n14, n18, n20, n21, n25, n26, n28, n30,
    n38, n40, n41, n42, n43, n46, n48, n66, n71, n77,
    n78, n79)
  •  5G mmWave (Bands n257, n258, n260, n261)
  •  FDD-LTE (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 11, 12, 13, 14,
    17, 18, 19, 20, 21, 25, 26, 28, 29, 30, 32, 66, 71)
  •  TD-LTE (Bands 34, 38, 39, 40, 41, 42, 43, 46, 48)
  •  WCDMA (Bands 1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 9, 19)

とかなり幅広く、ミリ波も含んでいます。

5G + 5GのデュアルSIMデュアルスタンバイに対応しています。

Snapdragon Sound

Quick Charge 5による急速充電に対応し、4000mAhバッテリーを最高65Wで充電できます。

Quick Charge 5

Snapdragon 888に16GB LPDDR5メモリ、512GB USF3.1ストレージと性能も最高峰です。

164,880円とお高めですが、それに見合ったプレミアムな性能を持っていますし、ただ高いだけの日本メーカースマホとはひと味違います。

Smartphone for Snapdragon Insidersは8月以降にアメリカや中国で発売される予定で、日本でも発売される予定です。

ASUS Storeで購入

Smartphone for Snapdragon Insiders | Qualcomm
The Smartphone for Snapdragon Insiders delivers the fastest, truly global 5G available plus the premium mobile experiences you deserve.…

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。