Xiaomi Mi Notebook Air 13.3のバッテリーを交換してみた。3,600円で新品同様に

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Xiaomi Mi Notebook Air 13.3のバッテリーを交換してみた。3,600円で新品同様に

Xiaomi Mi Notebook Air 13.3のバッテリーが膨らんできたので、新品バッテリーに交換してみました。


北京田米科技 → LG Chemに

約2年前から愛用してきたMi Notebook Air 13.3ですが、ついにバッテリーが膨らんでしまいました。

使用自体は問題なかったのですが、フタがぴっちり閉まらなくなっていました。

フタのネジを外している最中にポンッという音とともにせり上がってきたので、結構危なかったのかもしれません。

パッカーン

交換前のバッテリーは北京田米科技有限公司製のR13B01Wでした。

交換前バッテリー

バッテリー交換は簡単です。まず星形T5ドライバーで裏面のネジを外していきます。

場所によってネジの長さが異なるので、どこから外したネジなのか分かるようにしておいた方が良いです。

一箇所だけ、ヒンジ近くのゴム足を外さないと出てこない隠しネジがあります。

裏フタ

バッテリーの両端がネジ止めされているので外して、バッテリーの端子を持ち上げるようにして外します。

後は逆順でバッテリーの端子を取り付ける→ネジ止めする→フタをはめてネジ止めする、という流れで完了です。

今回注文したバッテリーはLG Chem, Ltd.製のR13B02Wで、5230mAh → 5320mAhに少しだけ容量が増えました。

バッテリー

バッテリー交換後も正常に起動し、BatteryInfoViewでもちゃんとR13B02Wと認識されました。

容量が違うこともあり、Battery Healthは101.6%と100%を超えています…。

バッテリー情報

AliExpressのgoogolstoreではPostNLで発送すると書かれていたのですが、実際は佐川急便で発送してもらえました。

7月22日発送で7月27日到着、とかなり速かったので、googolstoreがおすすめです。商品写真にドライバーなどが映っていたのに実際はバッテリー単品でしたが…。

$33.24 (約3,600円) で新品同様のバッテリーに交換できるので、2年以上Mi Notebook Airを使っている方は、バッテリーが膨らまないうちに交換してみてはいかがでしょうか。

バッテリーを購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。