軽量スマホAQUOS zero2 SH-M13、Bootloader Unlock可能に。Android 11 Developer Previewで

軽量スマホAQUOS zero2 SH-M13、Bootloader Unlock可能に。Android 11 Developer Previewで

大画面・高性能ながらも141gという超軽量スマホ、AQUOS zero2 SH-M13 SIMフリー版がBootloader Unlock可能になりました。


Android 11 DPを試せる

AQUOS zero2 SH-M13は6.4インチ 2340 x 1080有機ELディスプレイを搭載していながらも、重さは141gに抑えられているという超軽量スマホです。

Snapdragon 855に8GB RAM + 256GBストレージを搭載しており、IPX5/8防水・IP6X防塵やおサイフケータイ/FeliCa、DSDV (Dual SIM Dual VoLTE) にも対応しています。

ディスプレイは120Hzと、残像感をなくす黒画面を挿入した240Hzリフレッシュレートに対応しています。

AQUOS zero2 SH-M13

これまでのAQUOSシリーズでは、海外製品を除き基本的にBootloader Unlockは不可能だったため、最近ではroot化やカスタムロムが欲しい人からは見放されている状態でした。

ところが今回発表された「Android 11 Developer Preview Program for AQUOS zero2」では、ソフトウェア更新することでOEMロック解除ができ、Android 11を試せるようになりました。

「端末のソフトウェアを書き換えたのちの端末修理は、保証期間内であっても有償となります。」ということでなかなかリスキーではありますが、あのAQUOSで公式にBootloader Unlockできるようになった、というのは素晴らしいですね。

JoinDeveloperPreviewProgram.apkAndroid11_DeveloperPreviewProgram_forAQUOS_Beta1.zipをダウンロードし、手順通りにインストールすることでAndroid 11を起動できます。

公式ページの案内ではadb reboot bootloaderでBootloaderへ入る方法しか公開されていませんが、システムが起動不可の場合でも音量上キー + 電源キーの同時押しで起動することでBootloaderへ入れる、とシャープ公式より回答を得ています。

過去のAQUOSでは電源オフ状態からBootloaderへ入る手段がないこともありましたが、これなら安心ですね。

 

ZIPの中にはboot.imgは入っていませんが、AQUOS zero2はA/Bパーティションを採用しているため

  1. su入りのTreble GSIをインストール
  2. この1つめのコマンドでイメージバックアップ

とすることで元のイメージを手に入れることができると思います。

各種イメージが手に入ればカスタムリカバリ TWRPをビルドすることもできますし、カスタムロムもビルド出来ます。

おサイフケータイが使えて簡単にBootloader Unlockできる新しめのスマホといえば今まではGoogle PixelやHTCぐらいでしたが、Rakuten Miniに続きAQUOS zero2という新たな選択肢が増えたことになります。

超軽量なおサイフケータイをBLUして遊べる、というのは魅力的なのですが、税込10万円なので手を出せず…。せめて6万円ぐらいであれば良かったのですが、音声契約込みの場合でも約8万円と高めです。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。