One-Netbook A1エンジニア向けUMPC、10月22日に59,800円~で発売。m3-8100Y搭載

One-Netbook A1エンジニア向けUMPC、10月22日に59,800円~で発売。m3-8100Y搭載

超小型UMPCで人気なOne-Netbookより、エンジニア向け7インチUMPC One-Netbook A1が発売されます。


豊富なポートに快適な性能

今回発表されたエンジニア向け7インチUMPC One-Netbook A1は、主にネットワークエンジニア向けに作られた廉価モデルのUMPCです。

サーバールームなどに気軽に持って行けるよう、最低限快適に使うための性能は持ちつつ、高価になりがちな「最新世代CPU」や「2Kディスプレイ」など業務用途では優先度が高くないものをそぎ落とすことで価格を抑えているようです。

One-Netbook A1

これまでのOneMixシリーズとは異なり、真ん中のヒンジ部分で画面を回転させるタイプになっています。

最大の特徴は豊富なポートで、USB Type-Cポート、USB 3.1 Gen1ポートx2 に有線LANポート、micro HDMIポートにRS-232ポートまで搭載しています。

microSDカードスロットと3.5mmイヤホンジャックもあります。

ロック解除は指紋認証センサー (Windows Hello) で行えます。

ポート

7インチFHDディスプレイはマルチタッチ対応で、メモの書き込みが必要な場面や、キーボードを広げた状態だと使いにくい場面で役立ちます。

OneMixシリーズではタブレットスタイルにすると裏面がキーボードになり手触りが微妙でしたが、One-Netbook A1ではキーボードに被さるように回転するため、間違って電源ボタンを押してしまうこともないでしょう。

タッチ対応

スタイラスペンを使って細かく書き込むことも出来ます。

ボディはCNC加工のメタル製で、重さは0.55kgとのことです。片手でもぎりぎり持てると思います。

スタイラスペン

バッテリーは6,000mAhです。電源が使えない場所でも数時間は大丈夫でしょう。

One-Netbook A1

Intel Core m3-8100Y、8GBメモリ、256GB/512GB PCIe SSDとサブ機に十分なスペックがあるため、エンジニア以外でも普段使いできると思います。

スペック

One-Netbook A1は10月22日~11月12日まで、発売記念セールで

8GB RAM + 256GBストレージ…59,800円

8GB RAM + 512GBストレージ…66,800円

で販売されます。

11月13日からは

8GB RAM + 256GBストレージ…74,500円

8GB RAM + 512GBストレージ…79,500円

となるそうです。

テックワン

GeekBuyingでは128GB版がクーポンGKBA1256GBにて$589.99、512GB版がクーポンGKBA1512GBにて$629.99で購入できます。

256GB版を購入

512GB版を購入

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。