Magiskモジュールの管理・ダウンロードができるアプリ『Fox’s Magisk Module Manager』

Magiskモジュールの管理・ダウンロードができるアプリ『Fox's Magisk Module Manager』

Magiskモジュールの管理やダウンロードができるアプリ、Fox’s Magisk Module Manager 0.2.2が公開されました。


別レポジトリ管理でデファクトスタンダードになるか

Androidのroot化でお世話になることが多いMagiskですが、次バージョンのMagiskアプリからはモジュールのダウンロード機能が削除されます。

各自GitHubなどから探してダウンロードするのは面倒…ですが、これを解決してくれるアプリが公開されています。

Fox2Code氏が開発した『Fox’s Magisk Module Manager』では、以前のMagiskアプリと同じようにMagiskモジュールの検索やインストールが可能となっています。

GitHubでダウンロード

起動するとインストール済みのMagiskモジュールと、オンラインにあるMagiskモジュールの一覧が表示されます。

これまで公式配布されていたレポジトリとは別のMagisk Modules Alternative RepositoryにアップロードされたMagiskモジュールが表示されるため、今後こちらがMagiskモジュール開発者に広まっていけば公式レポジトリが停止されたとしても以前と変わらないぐらいの量になると思います。

KoruriMejiroフォントのモジュールは追加済みです。

MMM

スマホの中に下向きの矢印が書かれたアイコンを押すことでモジュールを更新できます。

バージョン単位で更新アイコンが出るわけではなく新しいコミットがあると出てくるので、バージョンに変更がないサイレントアップデートでも気付けます。

オンラインのレポジトリでは検索はできるようになっていますが、今のところ並び替え機能はありません。

検索

Fox’s MMMからインストールするとMagiskアプリと同じような表示になります。

Fox’s MMMで独自にインストールスクリプトをカスタマイズする機能も追加されているため、今後Fox’s MMMからのインストールが推奨されるモジュールが出てくるかもしれません。

インストール

アプリ設定でテーマを変えたり表示を英語にしたりできます。

Fox’s MMMはMagiskモジュール側でどのAndroidバージョン・Magiskバージョンを想定しているか指定できるようになっているため、互換性のないモジュールは表示されません。(あくまでモジュール開発者が指定していれば、ですが)

設定でこの互換性のないモジュールの非表示を無効化することもできます。

設定

Magiskモジュールを色々入れている方はインストールしてみてはいかがでしょうか。

GitHub – Fox2Code/FoxMagiskModuleManager: A new module manager for Magisk when the official app drop support for it
A new module manager for Magisk when the official app drop support for it – GitHub – Fox2Code/FoxMagiskModuleManager: A new module manager for Magisk when the official app drop support for it…

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。