TWSイヤホン Nothing ear (1) に新色black登場!脱炭素を実現しつつ、すべてが漆黒に

TWSイヤホン Nothing ear (1) に新色black登場!脱炭素を実現しつつ、すべてが漆黒に

Nothing ear (1)の新色、blackが発表されました。


スペックはそのままに、すべて真っ黒

Nothing Techはあの大人気で日本進出を熱望されているブランド、OnePlusの共同創業者であるCarl Pei氏が立ち上げたデジタル製品ブランドです。

その最初の製品である完全ワイヤレスイヤホンNothing ear (1)に、新色blackが追加され日本でも発売されることになりました。

一足先にサンプルをいただいたので軽く紹介します。

🔴Nothing ear (1) レビュー。デザイン・音質・ノイキャンすべてのバランス良し – AndroPlus
Nothing ear (1) のサンプル品をNothing Tech様よりいただきました! 1万円台ながらもデザインや機能性に優れるTWSイヤホン Nothing Techはあの大人気で日本進出を熱望されているブランド、OnePlusの共同創業者であるCarl…
🔴Nothing ear (1) レビュー。デザイン・音質・ノイキャンすべてのバランス良し - AndroPlus

black

新色blackはすでに発売されているwhiteと性能的には同じで、アクティブノイズキャンセリング (ANC)、Qiワイヤレス充電やFast Pair・IPX4防水などに対応しています。

black

透明感のあるケースも黒っぽくなっています

真っ黒ながらもNothing ear (1) blackではジュネーブに本社を置くSGSなどの国際的な第三者認証機関と協力することにより脱炭素を実現しており、炭素排出を全体としてゼロにして二酸化炭素吸収量を1.78kgにしているそうです。

ケース

黒色である分脂汚れが付いたときに目立ちやすい感じがしますが、やはり黒色のほうが引き締まった印象を受けます。

これまでは白色しか選べませんでしたが、これから買う人は好きな方を選べるので良いですね。

black

Androidでペアリングした時にはちゃんと画像も出てきます。

AACコーデック対応で、低音・高音ともにしっかり出ています。

ペアリング

ear (1)専用アプリも発売時からアップデートが続いており、いつの間にか低遅延モードをオンにできるオプションも追加されていました。

電波干渉しやすい環境だと不安定になることもあるようですが、家などでゲームや動画を見る際に役立つと思います。

低遅延モード

Nothing ear (1) blackは2021年12月13日 12:00AM よりNothing日本公式サイトで正式発売されます。

Amazon・楽天市場でも後日発売されるそうです。

また、12月8日にはKITH東京店、蔦屋家電+で先行発売を実施するとのことです。

公式サイト

🔴Nothing ear (1) レビュー。デザイン・音質・ノイキャンすべてのバランス良し – AndroPlus
Nothing ear (1) のサンプル品をNothing Tech様よりいただきました! 1万円台ながらもデザインや機能性に優れるTWSイヤホン Nothing Techはあの大人気で日本進出を熱望されているブランド、OnePlusの共同創業者であるCarl…
🔴Nothing ear (1) レビュー。デザイン・音質・ノイキャンすべてのバランス良し - AndroPlus

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。