Redmi K40 Gaming Edition登場。物理キー、Dimensity 1200に5065mAh搭載で3.3万円

Redmi K40 Gaming Edition登場。物理キー、Dimensity 1200に5065mAh搭載で3.3万円

Redmi K40 Gaming Enhanced Editionが発表されました。


Redmi初のゲーミングスマホ

これまでのRedmiブランドは高コスパな廉価スマートフォンがメインでしたが、ついにゲーミング特化モデルが登場しました。

Redmi K40 Gaming Editionは基本的なスペックはRedmi K40をベースとしつつも、SoCはMediaTek Dimensity 1200搭載に変更され、物理L・Rキーがポップアップする仕組みになっています。

Dimensity 1200は原神で50FPSほどを維持できる程度の性能のようです。

 

ゲーミングスマホといえば厚み10mm・220g越えが当たり前となっていましたが、Redmi K40 Gaming Editionは厚み8.3mm・重さ205gと普通のスマホ並です。

厚みや重さを抑えつつもバッテリーは5065mAhと大容量で、42分で満充電できる67W高速充電にも対応しています。

11540mm²グラフェンを搭載するなど冷却機構も強化されています。

厚み

カメラ周りにはゲーミングらしく光る仕組みが搭載されています。

カメラは64MP ハイブリッドレンズ + 8MP 120°超広角 + 2MP 4cmマクロのトリプルカメラ構成です。

ライト

物理的なL・Rボタンを搭載しており、普段使いで邪魔にならないようスイッチでポップアップさせるようになっています。

物理ボタン搭載ながらもIP53防水です。

ポップアップ

6.67インチAMOLEDディスプレイはタッチサンプリングレートは480Hzで、リフレッシュレートは120Hzです。

画面

スピーカーはJBLとコラボしたものになっています。

Mi 11ではHarman Kardonブランドでしたが、廉価ブランドでは気を遣ったのでしょうか…。次はAKGとコラボしそうです。

マイクは3つ搭載しているため、横持ち時に指で覆われてしまっても側面のマイクで集音してくれます。

JBL

ソフトウェアキーボードはなんとRazerとコラボしており1,680万色に光るようです。

RAZER

ブルース・リーとコラボした黄色いバージョンも発売されます。

ブルース・リー

  • 5G :n1 / n3 / n28A / n41 / n77 / n78
  • 4G:FDD-LTE: B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B26
  • TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41 / B42
  • 3G:WCDMA:B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19 ; CDMA EVDO : BC0
  • 2G:GSM:850 / 900 / 1800 / 1900MHz ; CDMA 1X : BC0

と対応バンドも広いです。

 

LRボタンを使えるゲームをプレイしているけれども別途アクセサリーを付けたくはない、という方にRedmi K40 Gaming Editionは良さそうです。

Redmi K40 Gaming Editionは京東にて1999CNY (約3.3万円) ~で販売されます。

6GB版は後から入荷されるようで、今のところ最安は2199CNY (約3.7万円)です。

システム内部に「POCO F3 GT」という記述があるため、グローバル版ROMもすぐ登場しそうです。

京東で購入

GIZTOPではクーポンK40GAMEにて$20オフです。ブルース・リーコラボ版は$599です。

GIZTOPで購入

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。