Xiaomi 100W ワイヤレス充電器レビュー。50W時10%→100%を約50分で充電

充電器

評価:4.5

Xiaomi 100W ワイヤレス充電器を購入しました。


Xiaomi MIX 4などの急速充電に対応

Xiaomi MIX 4は有線では最大120Wでの急速充電に対応していますが、ワイヤレスでも最大50Wという急速充電を利用できます。

50Wでのワイヤレス充電には専用充電器が必要で、Xiaomi 100W ワイヤレス充電器はMi 11シリーズでも利用できるよう100Wまで充電できるようになっています。

Xiaomi MIX 4レビュー。ノッチが消え去り、全画面は新たなステージへ – AndroPlus
Xiaomi MIX 4を購入しました。 画面下カメラでノッチを完全排除 2017年のSHARP AQUOS S2やEssential Phoneから採用が広まった、技術の進歩であり悪夢でもある「ノッチ (切り欠き)」ですが、ついにXiaomi MIX…
Xiaomi MIX 4レビュー。ノッチが消え去り、全画面は新たなステージへ - AndroPlus

Xiaomi Mi 11レビュー。WQHD+と120Hzを両立、寄れるマクロ撮影が楽しいS888搭載スマホ – AndroPlus
Xiaomi Mi 11の中国版・パープルレザー版を購入しました。 格安ながらWQHD+と120Hzを両立 Xiaomiは格安なスマートフォンを多数販売していることで有名ですが、コストを抑えるためかディスプレイにはあまりこだわりがなく、FHD+のものばかりでした。 ところがMi…
Xiaomi Mi 11レビュー。WQHD+と120Hzを両立、寄れるマクロ撮影が楽しいS888搭載スマホ - AndroPlus

120Wワイヤレス充電器

120W充電器も付属しています。

Xiaomi MIX 4とは製造タイミングが違うようで、旧タイプの四角形のロゴがプリントされていました。

残念ながら120Wを出せるのは入力電圧が220~240Vの時だけで、100V時には20V / 4.8Aが限界です。

充電器

縦置き・横置きどちらにも対応しています。

充電器

台座部分は透明になっており、スマホを置きやすいよう少しくぼみがあります。

ゴムなどが敷いてあったほうが良いと思うのですが、見た目重視なのか特に何も付けられていません。

充電器

底部に隙間ができ、冷却ファンで熱が逃がされる仕組みになっています。

ファン

前面には特にLEDインジケーターはありませんが、背面に稲妻マーク型のインジケーターがあります。

付属の120W充電器とUSB Type-A to Cケーブルを接続すると50~100Wワイヤレス充電ができます。

背面

50Wワイヤレス充電が有効だとMI TURBO CHARGEと表示されます。

TURBO CHARGE

Xiaomi MIX 4の場合「Quick wireless charging」というオプションがあり、オンにすることで冷却ファンが通常よりも速く動作するようになります。

オンにした状態でも48dB程度と静かで、オフの状態だとほぼ無音に近いほどの静音性です。

高速充電

Xiaomi MIX 4では50Wワイヤレス充電で10%→100%を約50分で充電できました。

有線だと96W充電で10% → 100%をたったの33分で充電完了できるのでやはり少し遅いですが、静音かつ温度上昇を最大41℃程度までに抑えた上でここまでのスピードで無線充電できるのは凄いです。

充電時間

 

置くだけで高速充電できるので、Xiaomi MIX 4などワイヤレス急速充電に対応しているハイエンドXiaomiスマホを持っている方にオススメです。

AliExpressで購入

京東で購入

Xiaomi MIX 4レビュー。ノッチが消え去り、全画面は新たなステージへ – AndroPlus
Xiaomi MIX 4を購入しました。 画面下カメラでノッチを完全排除 2017年のSHARP AQUOS S2やEssential Phoneから採用が広まった、技術の進歩であり悪夢でもある「ノッチ (切り欠き)」ですが、ついにXiaomi MIX…
Xiaomi MIX 4レビュー。ノッチが消え去り、全画面は新たなステージへ - AndroPlus

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。