中国版Xiaomiスマホ向けのXiaomi․eu・グローバル版ROMがないなら自分で日本語化すれば良いじゃない

中国版Xiaomiスマホ向けのXiaomi․eu・グローバル版ROMがないなら自分で日本語化すれば良いじゃない

中国版Xiaomi・Redmiスマートフォンには日本語が入っていないので不便ですよね。というわけで日本語を追加してみました。


システムUI周りを日本語化&Googleアプリ制限を撤廃

京東などで購入できる中国版Xiaomi・Redmiスマートフォンはグローバル版に比べてコスパが良く、対応バンドも豊富であることが多いです。

ただ、普段使いするにあたって「日本語が入っていない」という問題があり、英語で使わないといけないというデメリットがあります。

Xiaomi.euという非公式なカスタムROMが開発されていたり中国版と同じ機種でグローバル版が発売されていれば日本語化できるのですが、Xiaomi.euの開発が遅かったり、グローバル版がそもそも発売されなかったりすることもしばしばあります。

 

そこで、中国版MIUIを日本語化するMagiskモジュールを作りました。

本当はXposedモジュールにしたほうがスマートにできると思いますが、LSposedの開発状況に振り回されるのは嫌なので、Magiskさえ動けば良いようにしています。

MIUI 13で動作確認しています。基礎的な部分はMIUIでも他メーカーでも変わらないので、別のバージョン・別のメーカーでも大抵動作すると思います。

GitHubでダウンロード

前提条件

  • Bootloader Unlock済み
  • Magiskインストール済み
  • Google電話アプリをインストール、デフォルトアプリに設定済み
    (今のところグローバル化に伴いGoogle電話アプリを想定した中身になっているため)
  • 純正中国版ROM (Xiaomi.euでは動作確認していません)

言語設定に日本語の選択肢を追加しているため、コマンド入力なしに言語を切り替えられます。

キーボードについては、Gboardなどをインストールした後中国語キーボードはすべてオフにしておいてください。何故かオンにしておくと勝手にデフォルトに戻ることがあるようです。

言語

現時点でXiaomi.euやグローバル版がないRedmi K50Gも、この通り日本語化できています。

バージョン

システムすべてを日本語化するのは面倒なので、私がよく使う部分だけを対象にしています。

まず設定の大部分を日本語で表示できるようにしています。

設定

アプリ情報、バッテリーセーバーの部分も日本語化済みです。

アプリ設定

日本語化のほか、Googleロケーション履歴・Googleマップのタイムラインも利用できるようにしてあります。

タイムライン

Googleアプリをインストールし、自動起動を許可してバッテリーを制限なしにしておけば、二段階認証もできるようになります。

2段階認証

ニアバイシェアも利用できます。

ニアバイシェア

普段使いでよく見かけるシステムUI周りは日本語化しているので、中国版MIUIのままでも使いやすくなると思います。

Xiaomi.euと違って純正中国版MIUIのまま日本語化できるため、アップデートのラグもありません。

中国版MIUIを普段使いしたい方は使ってみてください。

GitHubでダウンロード

Roboto & M+の合成フォントMejiroをリリース。MagiskモジュールやXiaomi/OPPOテーマストアで配布中 – AndroPlus
主にAndroid向けに合成フォントを作ってみました。 Robotoは残しつつ日本語表示を変えたい人向け root化したAndroid端末向けにシステムフォントをKoruriに変更するMagiskモジュールをすでに公開しています。 ただ、KoruriはOpen SansとM+…
Roboto & M+の合成フォントMejiroをリリース。MagiskモジュールやXiaomi/OPPOテーマストアで配布中 - AndroPlus

Battery Mixなどで動的なアイコンではなくアプリアイコンが表示されてしまう問題は、XposedモジュールMIUI 原生通知图标 (MIUINativeNotifyIcon) で解決できます。

GitHubでダウンロード

その他システムUIのカスタマイズなどはWooBox For MIUIでできます。

GitHubでダウンロード

非root環境での日本語化方法

Magiskを使えない、使いたくない場合は、日本語の設定にすることだけはできます。

設定→追加設定→開発者向けオプションでUSB debugging・USB debugging (Security settings)を有効化した後、adb shellで

settings put system system_locales ja-JP

を実行して再起動することで日本語設定になります。

Magiskモジュールと違って設定などは日本語にならないものの、アプリの言語は日本語になります。

フォントについては、テーマで「Mejiro」「McMejiro」「Roboto」などを探してインストールすれば日本語フォントになります。

ブラウザはテーマの対象外なので中国語フォントになってしまいますが、Kiwi Browserをインストールして「滑らかな日本語フォント化」拡張機能をインストールすれば日本語フォントに変えられます。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。